三越のおせち

  • おせち百科
  • おせち豆知識
  • おせちのことわざ&慣用句
  • 三越のおせちトップへ

おせち百科 おせち豆知識

  • おせちの由来
  • おせちのメニュー「海の幸」編
  • おせちのメニュー「山の幸」と「野の幸」編
  • おせちをいただく「祝い箸」
  • おせちのレイアウト
  • おせちのデパートデビューは?
  • 迎春菓子「花びら餅」

おせちの由来

日本の初春のごちそう「おせち料理」。「おせち」の由来は、中国だということをご存知でしたか?

家族や仲間、懐かしい笑顔が集まるお正月。みんなでごちそうをいただくからこそ、なおいっそう、おいしさが増すのかもしれません。そして、楽しい食卓にあるのは、やっぱり‘おせち’。その由来は、中国だということをご存知でしたか?
中国の唐の時代、1年を竹の節(ふし)のように区切って普段と異なった日を設けた盆やお正月を節(せち)と呼んでいました。日本でもこれに習って、節日の会食のことを「節会(せちえ)」と呼び、その食べ物を「お節」と呼びました。
これが由来となって、正月にいただくお料理を「お節料理」というようになったのです。

おせち料理は、正月を祝う祝い肴(屠蘇肴)を組み入れたり、日持ちの工夫をしたり、お重の組み合わせのルールを作ったりと、私たちの祖先が何代もかけて作り上げてきました。もともとの由来は中国でも、長い時を経て、日本の初春のごちそうになっていますよね。

このページの上へ

おせちのメニュー「海の幸」編

様々なお料理が詰め合わせになっていますが、一品一品に縁起にちなんだ意味が込められています。

長い時を経て、日本の正月の味になったおせち。様々なお料理が詰め合わせになっていますが、一品一品に縁起にちなんだ意味が込められています。先人の想いや祈り、願いを深く感じながら召し上がってみたら、さらに味わい深くなるかもしれません。

こちらでは「海の幸」の意味合いをご紹介します。
まず、代表格が「よろこぶ」にかけた昆布。昆布巻きや結び昆布にして、屠蘇肴に使われます。
そして、数の子は子孫繁栄の願いを込めたものであり、鯛は「めでたい」にちなんだもの。
さらに、海老は床飾りにも伊勢海老を用いて、「ひげ長く腰が曲がるまで元気であれ」という長寿への願いが込められています。
田作り(ごまめ)は、田の肥料に使うほどたくさんとれたところから、豊作への願いを込めた祝儀肴。

さて、この中にあなたのお好きな‘おせち’はありましたか? おめでたいお料理として節目を感じつつ、先人が込めた想いもいっしょにお召し上がりください。

このページの上へ

おせちのメニュー「山の幸」と「野の幸」編

ご家族やお仲間といっしょに、時には意味合いを楽しく語り合いながらお召し上がりになってみませんか?

一の重から控えの重までバランスよく組み合わせされているおせち料理。縁起にちなんで使われる食材、こちらでは「山の幸」と「野の幸」をご紹介します。
まず、山の幸の栗。これは勝栗として保存されたものが使われました。武士が出陣の際に縁起をかついで用いた3肴、勝栗・熨斗・昆布のうちのひとつです。
次は、干し柿。「嘉来(かき)」として、喜びに通じるために使われるようになったものです。柿はお砂糖が貴重品だった時代の甘味で、なますにも使われます。
そして、次の幸は「野の幸」。これは大根やごぼう、里芋、八ツ頭、黒豆などの野菜類のことで、秋の収穫物にそれぞれ意味を持たせて使われました。

ちなみに、おせちに使う箸紙にも「海」や「山」と書いて、縁起をかついだとか。おせち料理は、神に供える食べ物をみんなで分かち合っていただくことに意義があります。ご家族やお仲間といっしょに、時には意味合いを楽しく語り合いながらお召し上がりになってみませんか?

このページの上へ

おせちをいただく「祝い箸」

お箸には2種類あって、日常の食事や不祝儀には褻(け)の箸、お正月や祝い事のお席では晴れの箸を使います。

褻の箸と晴れの箸、2つの違いはカタチ。褻の箸は片方だけ先が細くなっていますが、晴れの箸は両端が細くなっています。この両端が細い形状には意味があり、片方は神様のためのもの。つまり、神様といっしょに食事をするという意味合いがあるそうです。材質は祝い膳の箸には柳が用いられます。これは、柳は昔から‘神が宿る霊木’とされてきたからです。

ちなみに、箸袋には干支の絵がついたものや、金文字で‘寿’と書かれたものが一般的には好まれるようです。三が日の間、晴れの箸でおせちを食べるのが慣わし。今度のお正月には、家族それぞれの名前を箸袋に書いて食卓に並べてみませんか。

このページの上へ

おせちのレイアウト

「一の重」から「控えの重」までバランスよく組み合わされた おせち。

お重を並べると、食卓がパッと華やぎますよね。
それは味わいだけではなく、見た目の印象でもお正月の晴れやかさを演出した盛り付けによるものではないでしょうか。

おせち料理の盛り付けは、大別すると関東風の「重詰」と関西風の「重盛り」があり、一般的には「重詰」が通例となっています。盛り付け方も様々で、中心に一品を盛って周囲を扇状に料理が囲む「末広」、お重を九つの正方形で均等に分ける「市松」、馬のくつわに取りつける綱をイメージして斜めに美しく詰める「手綱」、お重を横に仕切って一列ごとに同じ料理を並べる「段取り」・・・などなど。
この他にも、目にも美しいレイアウト法がたくさんあります。お正月は、その味わいに舌鼓をうちながら、目でも日本の伝統を味わってみてください。

このページの上へ

おせちのデパートデビューは?

昭和42年のこと。永田町瓢亭が日本橋三越本店の特別食堂で予約販売を開始したのが始まりだと言われています。

昔は各家庭で作られていたおせちも、今はデパートで老舗の味わいが手軽にお求めいただけるようになりました。

メニューも和風だけではなく、洋風や中華風、オードブルセットなど多彩な顔ぶれが並び、眺めているだけでも迎春の晴れやかな気分になってきます。
このデパートのおせちが登場したのは昭和42年のこと。永田町瓢亭が日本橋三越本店の特別食堂で予約販売を開始したのが始まりだと言われています。当時の販売個数は、なんと40個。その後は、料亭やホテルなどが参加し始め、現在のような華やかなラインナップになっています。
お正月は、ふだんはなかなか味わえない老舗や有名シェフの手による美味おせちをぜひご堪能ください。

このページの上へ

迎春菓子「花びら餅」

もともと‘花びら餅’は、宮中の正月の 行事食。

新年を祝うお菓子として有名な ‘花びら餅’。丸く白い餅に紅の菱餅を重ね、白味噌餡と甘く煮たゴボウを置いて、半分に折りたたんだお菓子です。

もともと‘花びら餅’は、宮中の正月の行事食。明治時代になって、茶の湯用のお菓子として作られるようになりました。茶道では初茶の湯を指す「初釜」で用いられるお菓子として、この‘花びら餅’が代表的。家族で祝うお正月の食卓に、新年のお菓子を加えてみませんか。

このページの上へ

  • おせち百科
  • おせち豆知識
  • おせちのことわざ&慣用句
  • 三越のおせちトップへ