三越銀座三越

住所
104-8212 東京都中央区銀座4-6-16
電話番号
03-3562-1111
現在位置
TOP > 7階ギャラリー

7階ギャラリー フロアガイド

ピックアップ

7階 ギャラリー

北出太郎「龍花器」
(17.5×7.8×34.7cm)
172,800円

加賀伝統九谷会 ~技法から伝わる今~

■開催中~9月26日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

石川県加賀市。九谷焼の伝統を守り次世代の作家育成にも取組む「加賀伝統九谷会」。今展では当会の、伝統の技に挑戦し続けるベテラン作家の作品群に加え、新たな流れを創り出すべく若手作家で構成された「九陶会」のメンバーによる作品をも一堂に展覧いたします。古九谷の精神性を受け継ぎ、五彩・赤絵細描などの絵付技法や繊細なロクロ成形の技を施された、美しく緻密な作品をご覧ください。また会期中には、若手作家による絵付けの実演を予定しております。

[出展作家](順不同・敬称略)
山本芳岳、山本長左、山本篤、三浦晃禎、宮本雅夫、
北出太郎、出口瑞花、山本高寛、堀江祐未子、
山本浩二、山本秀平、苧野直樹、前田昇吾

[イベントのご案内]
絵付実演

会期中若手作家による絵付実演をいたします。

草間彌生「花(2)」
(28.4×23.0cm、1992年、リトグラフed.50)

草間彌生と現代アート版画展

■9月27日(水)~10月3日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

前衛芸術の先駆者である草間彌生氏は、本年国立新美術館で開催された「草間彌生 わが永遠の魂」展の総動員数が52万人を突破するなど、現代美術家として高い評価と人気を誇っています。本展では草間彌生氏の版画作品を中心に展覧、あわせて村上隆氏・ミヤケマイ氏など人気現代美術家の版画作品も展覧いたします。

[主な出品作家](50音順・敬称略)
草間彌生、奈良美智、ミヤケマイ、村上隆、
ロッカクアヤコ 他

野口悦士「角瓶」
(21.0×8.0cm)

中澤希水「鐡心石腸」
(1160×460cm、軸装)

野口悦士・中澤希水二人展 -陶と書-

■10月4日(水)~10日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

陶芸家・野口悦士氏と書道家・中澤希水氏。土と墨、互いに素材を活かし人々の生活に寄り添う作品創りを心掛けています。作陶を野口氏が手掛け、絵付けは中澤氏が施した器ブランド〈希悦〉も並びます。受け継がれてきた古きよきものを学びつつ、現代の生活に馴染むモダンな和の作品をぜひご高覧ください。

「巡」
(150×100cm、銀地に墨、金泥、銀泥、胡粉)

篠田桃紅作品展 寂-2017

■10月11日(水)~17日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

墨を使った新たな表現方法を創造し世界で活躍する孤高の芸術家、篠田桃紅氏。老いて枯れたものと豊かで華麗なるもの、その二つを併せ持つ美の境地。本展では最新作の原画を中心に書や版画を含め約30点を展観いたします。105歳を迎え到達した静やかな安らぎの美の世界をどうぞご高覧ください。

「重ね箱」
(16×33.6×28cm)

「だえん五段重 錫蒔地U字 黒」
(14.5×37×26.5cm)

瀬戸國勝 漆の世界

■10月18日(水)~24日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

1945年石川県輪島市生まれ。伝統的な手法を現代の暮らしに融合させた瀬戸國勝の作品展。漆塗の作品に加え、漆と和紙、錫など異素材を合わせた重箱やワインクーラーや日常的にお使いいただける椀やカップなどをご紹介いたします。

[イベントのご案内]
紙胎カップお試し体験
作品をお買いあげのお客さまに瀬戸國勝の紙胎カップでコーヒーのお試し体験をしていただけます。
■日程:10月20日(金)・21日(土)

佐野公代 世界のトンボ玉コレクション

■10月25日(水)~31日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

古代からの装身具ラピスラズリとターコイズ。古代より神秘的な色には魔除けの力があるとされ、護符として人々は身につけていました。ラピスの青とターコイズの緑をどうぞお楽しみください。

[写真の商品]
上:ターコイズ一連ロングネックレス(全長約90cm)…324,000円
中:ラピスラズリネックレス(全長約45cm)…648,000円
下:ラピスラズリネックレス(全長約50cm)…540,000円

ページトップへ