三越銀座三越

住所
104-8212 東京都中央区銀座4-6-16
電話番号
03-3562-1111
現在位置
TOP > 7階ギャラリー

7階ギャラリー フロアガイド

ピックアップ

7階 ギャラリー

柏倉主和
「ブローチ、ペンダントヘッド」

ジャパンジュエリー展

■開催中~6月28日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

クラシカルなテイストとモダンテイストを融合させた 小西加江子。金線の細いワイヤーとチェーンで素材を組み上げる 柏倉主和。石を自ら研磨・デザイン制作する 和泉田初代。琥珀やべっ甲に手彫りの金採を施した(沈金)アートジュエリー 宮澤淑恵。日本に古くから伝わる鍛金の工芸技法で制作する 今井繁。5人の作家が表現するジュエリー展。

「小路 <イタリア>」

川端紘一 スケッチ展

■6月29日(水)~7月5日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

墨や絵具の濃淡を巧みに操り、風景や事物の光と影を浮かび上がらせたモノクロームの作品。大胆に切り取られた構図とその地に流れる穏やかな空気感を表現しています。現地でのスケッチにこだわって制作された30余点の作品を展覧いたします。

「少女交差点」
(ジクレー版画、297×420mm)

西又葵@MITSUKOSHI少女交差点 -銀座4丁目-

■7月6日(水)~12日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

原画家・イラストレーターの西又葵氏はゲーム・アニメ界のマルチクリエーターとして活動されています。キャラクターデザインや主題歌の作詞、パッケージデザインなど幅広く取り組まれ、日本で初めて米袋イラストを「あきたこまち(JAうご産)」に描いて注目されました。描き下ろし原画作品と版画作品、併せて関連グッズを販売いたします。


(奥)「絹からみ織りコート」
(絹100%)
(手前)「絹、野蚕紡ぎ からみ織り布」
(絹100%、80×200cm)

中川原哲治・惠子 染織布展

■7月13日(水)~19日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

1894年創業の家業、染織の技を受け継ぎ、現代の布を創り続ける中川原哲治・惠子、Moo Chen-kok・Nakagawara Lisaの二世代の家族。日本の『和』の染織技術により創られた絹糸のさまざまな撚糸。染め分けられた色の組み合わせ。伝承の織り組織によって醸し出される新しい布の風合いをどうぞお楽しみください。

毛利美穂「初夏」
(F8号、麻紙に岩絵具、アクリル絵具)

稲恒佳奈・松崎綾子・毛利美穂 3人展

■7月20日(水)~26日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

野菜をモチーフに鮮やかな色彩と曲線で瑞々しく描く毛利美穂。日常の生活風景を透明感のあるタッチで描く稲恒佳奈。人物や静物の中にある、時の移ろいや感情の動きを切り取り描く松崎綾子。3人それぞれに表現する世界観を一堂に展覧いたします。

(上)奥田康夫「hibiki-altiero02-」
(直径203×高さ370mm、ガラス/陶器)
(下)藤田紗代「雲瓦 -鶴-」
(横330×奥75×高さ490mm、ガラス)

奥田康夫・藤田紗代 作品展

■7月27日(水)~8月2日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

東京藝術大学大学院ガラス造形研究室修了の2作家によるガラス展。陶器の表面にガラスを溶かし付着させ造形する技法「陶胎ガラス鋳造」の奥田康夫と、鋳込みガラスの技法で優しい色彩のオブジェ作品の藤田紗代の作品を展覧いたします。

ページトップへ