三越銀座三越

住所
104-8212 東京都中央区銀座4-6-16
電話番号
03-3562-1111
現在位置
TOP > 7階ギャラリー

7階ギャラリー フロアガイド

ピックアップ

7階 ギャラリー

佐野公代 世界のトンボ玉コレクション

■10月25日(水)~31日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

古代からの装身具ラピスラズリとターコイズ。古代より神秘的な色には魔除けの力があるとされ、護符として人々は身につけていました。ラピスの青とターコイズの緑をどうぞお楽しみください。

[写真の商品]
上:ターコイズ一連ロングネックレス(全長約90cm)…324,000円
中:ラピスラズリネックレス(全長約45cm)…648,000円
下:ラピスラズリネックレス(全長約50cm)…540,000円

「Shuji Blue Moon」
(540×400mm、2011年、金箔+リトグラフ)

若生秀二作品展

■10月25日(水)~31日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

作品の中に「折り鶴」「手毬」「扇子」「独楽」などの古来より伝えられている日本の伝統文化の素材を取り入れ、空間(宇宙)に浮かんでいるように描く若生秀二氏。背景には黒や青を効果的に使い、あたかも壮大な異次元の世界へと導くその作品は心の奥底に眠る日本人の美意識を目覚ましてくれるようです。

小倉縞縞 エッグシャツ(婦人用)
45,360円

縞の粋2017・Material展

■11月1日(水)~7日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

「国やときを超え、長く愛されるもの」そんな普遍的な価値を追求する中で生まれた小倉織〈小倉縞縞〉の新しいプロダクト。福岡のオーダーシャツデザイナー田中龍也氏とのコラボレーションでは、「旅するシャツ」がコンセプトのロングシャツなどお披露目。シャツの心地よさや可能性を、独自のこだわりで表現する田中氏ならではのデザインの中、ときに躍動し、ときに静謐な佇まいで活きる縞の美との共演をぜひご体感ください。

青海波文木皮二段重箱
(18.3×17.0×13.3cm)
199,400円

本間幸夫と荻房の漆展

■11月8日(水)~14日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

漆器は古くから日本で好まれ、日頃の生活の中で使われてきました。本間幸夫氏が主宰する萩房では、植物由来の樹液・漆を栽培から採取まで手がけ、木地作りから始め、純粋な日本産漆を中心に塗り上げています。主に木に塗った漆の器は、柔らかな手触りと美しい輝きで生活を潤してくれます。

[ギャラリートークのご案内]
本間幸夫氏ギャラリートーク

■日時:11月11日(土) 午後2時~2時30分

アボリジニアート
(30×30cm、ボディ・ペイント)
145,800円

アボリジニアート

■11月15日(水)~21日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

モダンアートとして世界的に評価が高いアボリジニアートは、もともと人と人をつなぐコミュニケーションのために生み出されたアートです。家族や親しい友人が集まるホリデーシーズン、大切な人との語らいの場に飾ってみてはいかがでしょうか。

[ギャラリートークのご案内]
アボリジニアート・コーディネーター内田真弓氏によるギャラリートーク

■日時:11月18日(土) 午後2時~2時30分

「RED ANIMAL SEIKA」
(25.5×11.5×高さ19cm)

ミロ、シャガール、ジャコメッティのようにパリ「ギャラリーマーグ」が才能を見出した日本人「深川惠以子の無言 SHIJIMA」展

■11月22日(水)~28日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

ミロ、カルダー、シャガール、ジャコメッティ、ブラックを世に送り出し、パリで権威のあるギャラリーとして世界に知られている「ギャラリー マーグ」。ヨーロッパ20世紀美術の殿堂と言われるマーグ財団美術館の維持管理の一躍を担っているギャラリーマーグ3代目オーナーイザベルマーグは深川惠以子にその稀な才能を見出して二次元の絵画の挑戦へといざないます。本展では、長年、ミラノやパリの国際展に出品し高い評価を得続けてきた深川惠以子氏の国内初出品の絵画作品、磁器と鉄を融合させたオブジェ、陶額などアート作品を約80点展覧いたします。「この世からなくなってはいけないものを残し、世界に広めることが使命」と云い切るイザベルマーグ氏が認めた深川惠以子氏の作品をぜひご高覧ください。

田崎太郎 作陶展—今、立ち上がれ—

■11月29日(水)~12月5日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

猫、狛犬、ペンギンなどが神格化されたユーモラスな生き物たちや、細部にまで神経を行き届かせた戦艦や列車など、SF映画に迷い込んだような世界でありながら、陶ならではの力強さを感じさせる作品を生み出している注目の陶芸作家、田崎太郎氏の個展を開催いたします。魂を吹き込まれ、今立ちあがる、陶による神様とメカオブジェをお楽しみください。
※初日、混雑が予想されますので10時45分までにご来場のお客さまに抽選にて販売させていただきます。

[ギャラリートークのご案内]
田崎太郎氏ギャラリートーク

■日時:12月3日(日) 午後2時~2時30分

ページトップへ