三越銀座三越

住所
104-8212 東京都中央区銀座4-6-16
電話番号
03-3562-1111
現在位置
TOP > リビング 新着情報

リビング 新着情報

ピックアップ

7階

〈TOMOKO KODERA〉

■開催中
■7階 ジャパンジュエリー

女性の身体のラインに寄り添うジュエリーを提案する、〈TOMOKO KODERA〉。今回ご紹介する「Dewdrop」シリーズは、みずみずしい水滴のようにピュアで透明な煌めきが、肌の上でふるふると震え、今にも流れ出して消えてしまいそうな均衡を保ちながら、忘れられない存在感を放ちます。

[写真の商品]
〈TOMOKO KODERA〉
上:PTダイヤモンドネックレス(D0.25ct)…280,800円
真中:PTダイヤモンドネックレス(D0.07ct)…140,400円
下:PTダイヤモンドネックレス(D0.12ct)…172,800円

わたしだけの干支もの展

■開催中~11月28日(火)
■7階 ジャパンエディション

来年の干支、戌(犬)。犬は、古来より人とのつながりも深く、飼い主に忠実な親しみやすい動物です。工芸作家やアーティストの逸品をはじめ、迎春にふさわしい干支ものを取り揃えました。どうぞお楽しみください。

[出品予定作家](五十音順・敬称略)
大場咲子、織田恵美、田村星都、戸出雅彦、中川衛、
中村弘峰、波多野英生、濱田友緒、ふくちあやこ、
正守千絵、山口真人、渡辺陽子、ほか

[写真の商品]
中村弘峰「瑞犬」(素材:陶土、高さ:10.0cm)…10,800円

清岡幸道&水野幸一 陶展

■開催中~11月28日(火)
■7階 ダイニング&キッチン

清岡幸道氏(信楽)と水野幸一氏のプレートやボウル、寒さを増すこの季節に重宝する耐熱の器などをご紹介いたします。今回はじめての試みである、二人それぞれが相手方の定番アイテムを自分の土・釉薬を使って制作するコラボ作品は、お互いの持ち味を尊重しつつ新しい価値の発見があるでしょう。
※無くなり次第終了とさせていただきます。

〈ブラシの平野〉

■開催中~11月28日(火)
■7階 ジャパンエディション

〈ブラシの平野〉では大量生産ではできない細やかな心配りと、機能性を重視した使い勝手の良いブラシを提供することに専念しています。髪の毛と頭皮のお手入れ用のヘアブラシ、衣類のお手入れ用に洋服ブラシ、その他にも歯ブラシや掃除用のさまざまなブラシなど、生活に輝きを与える道具としての使い方をご紹介いたします。

〈大久保硝子〉

■開催中~11月28日(火)
■7階 ダイニング&キッチン

伝統的な模様に加え、江戸時代の粋や洒落などの遊び心を取り入れ、技術と感性を生かした伝統に縛られない切子作りを目指している伝統工芸士・大久保忠幸氏。下絵を描かず直接グラインダーで柄を描く匠の技を、実演を交えてご紹介します。無料でお名入れもいたします。各日作家来場いたします。
※名入れ可能日時:各日午前11時~午後7時30分
※お名入れはローマ字になります。

せとのもの3人展

■11月29日(水)~12月5日(火)
■7階 ジャパンエディション

日本有数のやきものの産地・瀬戸。瀬戸焼の次世代を担う俊英作家 山口真人、寺田鉄平、鈴木義宣 3人による作品を発表いたします。作品はもちろんのこと、人も魅力的な「せとのもの」をぜひこの機会にお楽しみください。

[写真の商品]
寺田鉄平「織部茶碗」(11.5×11.5×高さ8.0cm)…97,200円

一位一刀彫〈谷口彫刻〉

■11月29日(水)~12月5日(火)
■7階 ジャパンエディション

木の美しさを活かし、一切の彩色をせずに作る飛騨高山の一位一刀彫。木目の美しさと、時を経る事で出て来る艶が特徴です。〈谷口彫刻〉では伝統の工芸品だけでなく、新しい感性で次々とユーモアかつ斬新な作品を創り出しています。2018年の干支や縁起物、伝統技術を尽くして制作した彫刻をご紹介いたします。

※画像はイメージです。

Christmas Market 2017

■開催中~12月25日(月)
■7階 グローバルメッセージ

11月1日から立ち上がったクリスマスマーケットも12月に入りいよいよクリスマス本番です。大切な方へのプレゼントにピッタリのかわいいフェルト雑貨やお名前を入れてプレゼントができる革小物など、こだわりギフトを多数取り揃えております。ぜひ7階 グローバルメッセージまでお越しください。

[イベントのご案内]
革小物名入れ実演
お買い求めいただいた革小物にお名入れをさせていただけます。大切な方へのプレゼントに名前入りのギフトはいかがですか?
■12月23日(土)・24日(日) 各日正午~18時
※一部除外品あり。
※一部対応できない時間がございます。


九谷 川合孝知個展

■11月29日(水)~12月12日(火)
■7階 ダイニング&キッチン

使い手の声に真摯に向き合うことで生まれる普段使いの器としての九谷焼を提案する川合孝知の個展を開催いたします。自分に合った等身大の絵を描く姿勢から生まれる自然体でどこか親しみやすい川合氏の器はカラフルな配色ながらも生活に溶け込み、食卓を明るくする遊び心があります。

〈箔一〉迎春の祝い

■11月29日(水)~12月12日(火)
■7階 ダイニング&キッチン

金沢の箔職人の技術を現代に受け継ぎ、今の暮らしに合った金沢箔工芸品を提案し続ける〈箔一〉が新年の祝いの席にふさわしい食卓周りの品々を集めて紹介します。金箔や銀箔があしらわれた器や飾り物は正月のハレの舞台をいっそう煌びやかに演出します。

〈ハヤマサンデー〉で迎えるクリスマス

■11月29日(水)~12月12日(火)
■7階 バス&リラックス

今年の冬も、〈ハヤマサンデー〉から優しい温かさを感じる商品が揃いました。ノルウェー、〈ロロスツイード〉のオリジナルブランケットやポンチョたち。カラフルなウールニット、北欧柄のワンピースなど、寒い冬を楽しく過ごすデザインの新作を揃えて、皆さまのお越しをお待ちしております。

祝いのカタチ

■11月29日(水)~12月31日(日)
■7階 ジャパンエディション

迎春をしつらえる「祝いのカタチ」をご提案。〈べにや民芸店〉の「笑門飾り」はもちろん、〈品品〉の景色盆栽から、干支飾り、地域の伝統工芸品である郷土玩具まで、幅広くご紹介いたします。


縁起物×新年の茶碗展

■12月6日(水)~19日(火)
■7階 ジャパンエディション

時代の中で埋没しない原石を磨き、日本のアート&カルチャーの一端を担う〈白白庵〉。現代における茶の湯シーンで見過ごせない存在感を放つ作家達による、作品を出品します。来年の干支「戌(いぬ)」をテーマにした作品や初釜にも相応しい、縁起物や茶碗の数々をご覧ください。

[出展予定作家](五十音順)
伊豆野 一政、井上 雅博、かのうたかお、高橋 良、津田 友子、富田 啓之、山田 浩之

[写真の商品]
津田友子「楽茶盌」(2017年/陶)…54,000円
表具師 井上雅博「リアル掛軸」(2017年)…162,000円


〈千成堂〉―迎春飾り―

■12月6日(水)~31日(日)
■7階 ジャパンエディション

歳神様をお迎えして一年の幸せを願う迎春飾りや、新春のしつらえをご提案いたします。松や梅、鶴などの縁起物が施された豪華なしめ飾りから、干支の壁掛けまで幅広くご紹介いたします。

[写真の商品]
〈夢み屋〉
塗板/十二支(約縦75×横13×奥行1.2)…12,960円

安藤良輔 磁器展

■12月13日(水)~19日(火)
■7階 ダイニング&キッチン

陶器に木目や網代のような削りを加え、丁寧に銀彩で装飾された器は品の良さと優美さを備えます。見た目に華やかな器はクリスマスや正月などの華やかなハレの食卓にぴったりです。安藤氏が追及する多彩な表現をお楽しみください。

煤払い

■12月13日(水)~19日(火)
■7階 ダイニング&キッチン

新年を迎える準備「煤払い」にむけて、日本を代表する洗浄道具である「たわし」と割烹着を合わせてご紹介します。貴重な植物である棕櫚(シュロ)を原料に熟練した技術が必要な、棕櫚たわしの実演販売を行います。




東一仁・木下和美・名古路英介・渡邊徳明 4人展

■開催中~12月12日(火)
会期に誤りがあることが判明し、訂正いたしました。お客さまにご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申しあげます。
■7階 ダイニング&キッチン

爽やかなターコイズブルーの磁器が人気の東一仁氏と黒釉銀彩の器が代表的な木下和美氏、木工作家の名古路英介氏、ガラス作家の渡邊徳明氏の4名によるさまざまな素材の作品の組み合わせが楽しい作品展。シンプルかつモダンな佇まいを醸し出す4名の新進気鋭の作家たちの共演をご覧ください。

花月窯〈志村睦彦・宮岡麻衣子〉作陶展

■12月13日(水)~12月25日(月)
■7階 ダイニング&キッチン

花月窯として青梅で作陶をする志村睦彦氏・宮岡麻衣子氏の器を紹介いたします。李朝陶磁に惹かれて粉引、三島や青磁など伝統的技法に則り直向きな作品を生み出す志村氏の作品は日常の器として使い続けても飽きがこない名品ばかりです。一方で時に大胆に時に繊細に染付絵が施された宮岡氏の器は、祝いの席においてもさりげなく上品に場を引き立てる味わい深い作品です。花月窯が生み出す器の美の世界をぜひご覧ください。

稲葉カヨ 作陶展

■12月20日(水)~25日(月)
■7階 ダイニング&キッチン

京都府北部綾部市の里山で自給自足の生活をしながら作陶をする稲葉カヨ氏。ほのぼのとした絵付けが温かみを感じさせる作品ばかりです。日々の風景や季節の植物、星や月などの自然をモチーフにして作られる器たちは毎日の暮らしに笑みがこぼれるような優しさを持ち合わせています。

[イベントのご案内]
作家来場

■日時:12月20日(水) 午前11時~午後5時


無事茶会

■12月20日(水)~30日(土)
■7階 ジャパンエディション

今年一年の無事を祝って、ルーサイトギャラリーセレクトの焼きものや古銅や塗りものの茶道具をご覧いただきます。11日間のために集めた、一点ものの品々をぜひご高覧ください。

銀座 迎春食器市

■12月26日(火)~31日(日)
■7階 ダイニング&キッチン

人気作家の作品をはじめ華やかな絵柄の九谷焼などが一堂に集います。食器市に集う色とりどりの皿・箸置き・酒器たちは、個性豊かに正月の食卓を楽しく彩り、祝いの席を引き立て役として活躍するだけでなく、長く使いたいと感じさせる愛着の湧く品ばかりです。ぜひご覧ください。


倉日用商店

■12月26日(火)~31日(日)
■7階 ダイニング&キッチン

京都市の中央部・西陣地区の東端に位置する「堀川商店街」の中にある「倉日用商店」。伝統工芸に立脚した生活道具を扱う「民芸店」であり、かつてどんな街にも一つはあった日用雑貨を売る「雑貨屋」でもあり、衣食住にまつわるものを雑多に詰め込んだ「general store」であり、プロユースの品物やビンテージ品を実用性やデザインの観点から生活に取り入れるべく考える「セレクトショップ」でもある、「現代の荒物屋」をご紹介いたします。

ライフスタイルコンシェルジュ

※価格はすべて税込です。

ページトップへ