三越日本橋三越本店

住所
103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
電話番号
03-3241-3311
現在位置
TOP > 第63回 日本伝統工芸展

第63回 日本伝統工芸展 THE 63rd JAPAN TRADITIONAL kogei EXHIBITION 国内最大規模の公募展

2016年9月21日(水曜日)から10月3日(月曜日) 本館・新館7階ギャラリー 入場無料 午前10時30分から午後7時30分 ※最終日は、午後6時閉場

主催:文化庁、東京都教育委員会、NHK、朝日新聞社、(公社)日本工芸会 www.nihonkogeikai.or.jp
協賛:(公財)アサヒグループ芸術文化財団、MOA美術館、(公財)五島美術館、パナソニック株式会社
協力:マツダ株式会社、株式会社オープンドア

日本工芸会総裁賞

蠟引楓造象嵌飾箱(ろうびきかえでつくりぞうがんかざりはこ)
〈木竹工〉丸山浩明

Coffer of maple wood with inlay and coated with wax.
[WOODWORK & BAMBOOWORK] MARUYAMA Hiroaki

高松宮記念賞

省胎七宝鉢「蒼海」(しょうたいしっぽうはち「そうかい」)
〈諸工芸〉松本三千子

Plique-à-jour bowl. “Blue ocean”
[OTHER WORK] MATSUMOTO Michiko

文部科学大臣賞

縠織着物「海に聞く」(こめおりきもの「うみにきく」)
〈染織〉海老ヶ瀬順子

Kimono of kome weave gauze.
“Asking questions to the sea”
[TEXTILES]
EBIGASE Junko

東京都知事賞

桐塑紙貼「船出」(とうそかみばり「ふなで」)
〈人形〉杉浦美智子

“Setting sail”.
Formed with tōso and covered with paper.
[DOLLS]
SUGIURA Michiko

NHK会長賞

沈黒象嵌合子「能登残照」(ちんこくぞうがんごうす「のとざんしょう」)
〈漆芸〉山岸一男

Covered box with design in chinkoku(line engraving filled with black urushi) and inlay. “Afterglow at Noto”
[URUSHI WORK]
YAMAGISHI Kazuo

朝日新聞社賞

彩釉器(さいゆうき)
〈陶芸〉田島正仁

Vessel with colored glaze decoration.
[CERAMICS]
TAJIMA Shōni

日本工芸会会長賞

鍛矧合壺「線」(たんはぎあわせつぼ「せん」)
〈金工〉萩野紀子

Bottle made by forging and heat welding method. “Line”
[METALWORK]
HAGINO Noriko

日本工芸会保持者賞

蒔絵箱「夜景」(まきえばこ「やけい」)
〈漆芸〉寺西松太

Box with design in makie. “Night view”
[URUSHI WORK]
TERANISHI Shōta

日本工芸会奨励賞

藍三彩「1607」(らんさんさい「いちろくぜろなな」)
〈陶芸〉加藤清和

Indigo “three-color” glaze ware.
“1607”
[CERAMICS]
KATŌ Kiyokazu

日本工芸会奨励賞

琉球紅型染着物「彩海」(りゅうきゅうびんがたそめきもの「さいかい」)
〈染織〉城間栄順

Kimono with design in bingata
(Okinawan stencil resist dyeing).
“Colored sea”
[TEXTILES]
SHIROMA Eijun

日本工芸会奨励賞

乾漆蓋物「ふたひら」(かんしつふたもの「ふたひら」)
〈漆芸〉築地久弥

Kanshitsu covered vessel.
“Two petals”
[URUSHI WORK]
TSUKIJI Hisaya

日本工芸会奨励賞

千筋組花籃「創造都市」(せんすじぐみはなかご「そうぞうとし」)
〈木竹工〉田辺小竹

Flower basket in sensuji-gumi weave.
“Future city in the world of artistic creation”
[WOODWORK & BAMBOOWORK]
TANABE Shōchiku

日本工芸会奨励賞

暁岸硯(ぎょうがんけん)
〈諸工芸〉名倉達了

“Morning glow” inkstone.
[OTHER WORK]
NAGURA Tatsunori

日本工芸会新人賞

白磁水指(はくじみずさし)
〈陶芸〉高橋奈己

White porcelain tea ceremony fresh water jar.
[CERAMICS]
TAKAHASHI Nami

日本工芸会新人賞

乾漆盛器「覇王樹」(かんしつもりき「はおうじゅ」)
〈漆芸〉竹岡千穂

Kanshitsu food vessel. “Cactus”
[URUSHI WORK]
TAKEOKA Chiho

日本工芸会新人賞

神代桂菱紋重糸目筋箱(じんだいかつらひしもんかさねいとめすじばこ)
〈木竹工〉本間 昇

Box of jindai katsura wood with diamond design and engraved thin lines to reveal the pattern of the inner layer.
[WOODWORK & BAMBOOWORK]
HONMA Noboru

我が国には、世界に卓絶する工芸の伝統があります。伝統は、生きて流れているもので、永遠にかわらない本質をもちながら、一瞬もとどまることのないのが本来の姿であります。伝統工芸は、単に古いものを模倣し、従来の技法を墨守することではありません。伝統こそ工芸の基礎になるもので、これをしっかりと把握し、父祖から受けついだ優れた技術を一層錬磨するとともに、今日の生活に即した新しいものを築き上げることが、我々に課せられた責務であると信じます。昭和25年、文化財保護法が施行され、歴史上、若しくは芸術上特に価値の高い工芸技術を、国として保護育成することになりました。私どもは、その趣旨にそって、昭和29年以来陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の7部門にわたり、各作家の作品を厳正鑑査し、入選作品によって日本伝統工芸展を開催してきました。このたび、第63回展(平成28年度)を開催し、広く人々の御清鑑を仰ぎ、我が国工芸技術の健全な発展に寄与しようとするものであります。

Japan has one of the world’s greatest traditions of craftsmanship. Tradition is alive; while maintaining the intrinsic qualities, it undergoes an unceasing evolution. Traditional Art Crafts are not mere copies of previous works made faithfully following the existing techniques. Tradition is the basis of art craft, and it is our duty to learn it well, further refine the excellent skill which has been handed down through many generations, and create new works suitable to the modern living. In 1950, the Law for the Protection of Cultural Properties came into being, and since then the Japanese government has been protecting craft techniques of particularly high historical and/or artistic value. In accordance with this policy, the Japan Traditional Kōgei Exhibition has been held annually since 1954. The exhibits, classified into 7 categories of ceramics, textiles, urushi work, metalwork, woodwork and bamboowork, dolls, and other work, are selected through rigorous examination from the works submitted by many artists. We are pleased to present the 63rd Exhibition (for the year 2016) in the hope that it will be enjoyed by many people and make contribution to the progress of art craft techniques of Japan.

受賞作品は本館・新館7階ギャラリーにて展示いたします。

同時開催

特別展示 —わざを伝える— 文化財保存事業報告
陶芸=「備前焼」 伊勢﨑 淳(重要無形文化財保持者)

  • ※都合により、イベント内容等が変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
ページトップへ