三越日本橋三越本店

住所
103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
電話番号
03-3241-3311
現在位置
TOP > 三越 ジャパン センスィズ

三越 ジャパン センスィズ Nicolas Buffe×MITSUKOSHI 新説七福神めぐり  むっつりダルマを笑わせろ! ■2016年1月2日(土曜日)から12日(火曜日) ■本館・新館 各階

陰暦で一月は「睦月」。その「睦」には、仲良くする、親しくする、といった意味が込められています。人びとが集い合い、仲むつまじくふれあうこの時季。さまざまな物事がはじまる「睦月」は、またしあわせのはじまる月であるのかもしれません。誇るべき日本の良さを、新しい価値として国内外に発信する「MITSUKOSHI JAPAN SENSES」。笑みの絶えない明るい一年を、新しい感性で描かれた七福神に託しながら今回は「睦の美」というテーマにフォーカスします。

これは帯の域を超越した誰もが認める
美術工芸品。

1936年創業の〈滋賀喜織物〉。手機にこだわる西陣織の機屋として、匠の精魂こもった技で格調高い美しさを求め、限りない“粋”の追求に励んできました。ご紹介しているかるたを象った袋帯は、歌の文字に至るまで手織で表現した、まさに職人技の極致。この先、代々受け継がれる逸品としての風格と美しさをたたえています。

〈滋賀喜織物〉
西陣袋帯 3,564,000円

(絹・その他繊維)
■本館4階 呉服特選サロン

茶碗と掛軸、その小さな宇宙。

創部110年を迎える三越の美術部。それを記念して、「春を言祝ぐ 一軸一わん展」と題し、多彩な顔ぶれの作家の茶碗と掛軸をあわせて展示する企画が開催されます。本館6階美術特選画廊には、現代の陶芸界を代表する20余名の作家の一軸一わんが、アートスクエアには、若手陶芸家による一軸一わんが集合。茶碗と掛軸による表現の奥深さに触れる、またとない機会です。写真の茶碗と色紙は、和田的氏による作品。どちらも、生と死、心の明暗など、相対する二つの事柄をテーマにしています。

春を言祝ぐ 一軸一わん
1月12日(火)まで(最終日は午後4時閉場)
※アートスクエアは1月5日(火) 午後4時まで
〈和田 的〉
白磁茶碗「ダイ/台」・色紙 129,600円

(サイズ:[茶碗]約10.5×12.5×高さ9.0cm・[色紙]約27.3×24.3cm)
■本館6階 美術特選画廊、アートスクエア

新しいシルクの魅力を、群馬から。

日本橋三越本店では、今、群馬県界隈のシルクを使用したクリエーションに注目が集まっている模様。古くから絹織物産業が栄えてきた桐生を中心に、その技術を活かして、これまでにないシルク製品が作られはじめています。〈トリプル オゥ〉は、1877年創業の刺繍老舗「笠盛」から生まれたテキスタイルアクセサリーブランド。高い刺繍技術でシルクを加工したアクセサリーは驚くほど軽く、首まわりを華やかに演出してくれます。

〈トリプル オゥ〉
ネックアクセサリー 27,000円

(絹100%)
1月2日(土)~12日(火)
■本館1階 婦人雑貨

日本人の足を知り尽くした
日本の老舗シューメーカーの一足。

1872年創業の大塚製靴が贈る三越伊勢丹限定モデル。海外の一流タンナーの革を用い、国内の工場で熟練の職人の手によりすべてを仕上げるこだわりようです。履き込むほどに足になじむグッドイヤーウエルト製法で、もちろんソールの張り替えにも対応。ベーシックなラストでコーディネートもしやすく、価格帯的にもエントリーモデルとなっています。プレーンなストレートチップ、クラシカルなウイングチップ、さてあなたのお気に入りは。

〈オーツカ シンス1872〉
ドレスシューズ 各35,640円

(サイズ:24.5~26.5cm、色:ブラック)
■本館2階 メンズシューズサロン

なにかお正月らしいちょっとした雑貨など。

たとえば、紋を自在に操るアート集団、〈京源〉の小洒落た和雑貨などいかがでしょうか。まずは、一合枡の中にスマートフォンを入れるだけでスピーカーに早変わりするというもの。表面には家紋や縁起の良い絵柄の焼印が施されています。もうひとつは折り畳んだ折り紙を、型紙の通りに切り抜くときれいな紋ができる「紋切形」。江戸時代に流行った紙切り遊びだそうです。贈り物にもぴったりです。

デザイナー波戸場承龍氏による「素敵紋切ワークショップ」開催
1月2日(土)~ 5日(火)
■本館3階 ライトウエル
〈京源〉
(1)カモンマスピーカー 各1,944円
(2)紋切形 各1,500円

伝統の型を、今様に楽しむ。

〈三橋工房〉は、江戸時代から200年以上続く、伊勢型紙を使った型染めの工房。伝統の柄ゆきをモダンな色づかいで表現しているのが魅力です。そんな〈三橋工房〉より、新春にふさわしい柄を中心に、リビングアイテムや小物など、さまざまな品がやってきます。写真に登場したアイテムの柄は、それぞれ菊青海柄、菊柄、室町はさみ柄、町屋風景柄。多くの柄には、縁起のよい意味も込められています。暮らしに和モダンのテイストを取り入れて、ぬくもりのある日々を楽しんでみては。

〈三橋工房〉「江戸のお正月」迎春の型小紋展
1月5日(火)まで
〈三橋工房〉小座布団
(1)(2)各6,480円
(3)5,400円
(外側:綿100%、中綿:綿100%、サイズ:約縦34×横34×高さ10cm)
(4)カフェエプロン 6,480円
(サイズ:約丈43.5×幅97.5cm)
(5)ポーチ 3,240円
(サイズ:約縦10×横18×厚み6cm)
(6)布小箱 各4,104円
(サイズ:約縦10.5×横10.5×高さ6cm)
■本館5階 J・スピリッツ

「三越 ジャパン センスィズ」の一部の商品は三越オンラインストアでもお求めいただけます。  オンラインストア販売期間:2016年1月2日(土曜日)午前10時から27日(水曜日)午前10時

三越 ジャパン センスィズ スペシャルサイト 近日公開予定

「三越 ジャパン センスィズ」は1月2日(土)号WEBガイドでご覧いただけます。

※都合により、イベント内容等が変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
※数に限りがある商品もございますので、品切れの節はご容赦ください。
※価格はすべて税込です。