三越日本橋三越本店

住所
103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
電話番号
03-3241-3311
現在位置
TOPフロアガイド 4階 > 三越のきもの

三越のきもの フロアガイド

ブランド名

ピックアップ

イベント&フェア

三越のゆかた

■開催中~8月15日(火)
■本館4階 華むすび/イベントスペース

2017年日本橋三越本店のゆかたのテーマは「花」。きものが似合う街「日本橋」からゆかたの花が咲き誇ります。ゆかたの代名詞とされる〈竺仙〉をはじめとした各種ブランドゆかたや、絞りなどの柄のバリエーションでご紹介いたします。

母の日キャンペーン 京都祇園〈香鳥屋〉フェア

■4月26日(水)~5月9日(火)
■本館4階 和雑貨サロン

京都祇園に創業して130年の老舗。洋装のみならず和装にも着姿を引き立たせるバッグを創作しています。熟練の職人の手技で作り出されたハンドバッグは洋装にも和装にも好適です。

GW企画 2017年三越の七五三お祝着新作発表会

■4月26日(水)~5月9日(火)
■本館4階 七五三サロン

何年、何十年と経った後も、家族の幸せな思い出であり続ける、そんな大切なお祝着を三越がご提案いたします。雅やかな雰囲気の京友禅から、繊細なタッチの東京友禅、独特の雰囲気のある絞りのお祝着まで、バリエーションにもこだわりをもってお作りいたしました。ぜひ、新作発表会のこの機会にご来店ください。

振袖特別ご招待会

■4月26日(水)~5月9日(火)
■本館4階 振袖サロン

華やかに、晴れやかに、大人へと歩みだす日に輝くばかりの振袖姿。染や織の技で、日本の美意識を表現した振袖を一堂にご紹介いたします。きもの文化の美しさと伝統、格式を継承し続ける三越の振袖「華小袖」をはじめ、絞り振袖、加賀友禅振袖、作家振袖、ブランド振袖までご紹介いたします。

三越 夏のきもの紀行

■5月15日(月)~30日(火)
■本館4階 呉服フロア

麻の素材感と素朴な色柄が涼感を演出する能登上布、墨描きで柄を表現するカチン染のきものと帯、夏のお出掛け向きの絽付下、絽小紋から礼装きものと帯、さらにきもの姿を演出する和装小物までご紹介いたします。

夏の〈東レ〉シルックきものフェア

■5月15日(月)~30日(火)
■本館4階 きものサロン

雨の日のお出掛けや、夏の日のお稽古に定番の〈東レ〉シルックきものをご紹介いたします。機能性×デザイン性を兼ね備えた〈東レ〉シルックきもの。ご家庭の洗濯機でもお手入れが出来ます。

花をめでる 華をまとう「黄丹会(おうにかい)」~次世代染織作家の未来~

■5月24日(水)~29日(月)
■新館7階 催物会場
※最終日午後6時終了

古来より紫に次ぐ高貴な色とされた「黄丹」の名を冠し、次世代を担う染織作家の作品が一堂に会する「黄丹会」。“きものの技を次世代に伝える”をテーマに、日本工芸会正会員・準会員から希少な技を受け継ぐ産地の作家まで、新たな歴史を紡ぐ意匠美の世界をご紹介いたします。

[出展作家](一例)
遠藤あけみ(型絵染)、大高美由紀(紬織)、大村幸太郎(友禅)、
黒田妙美(紬織)、小宮康義(江戸小紋)、篠原優子(おぼろ型染)、
廣瀬雄一(江戸小紋)、松原孝司(藍形染)、四ツ井健(友禅)、
横溝陽子(刺繍)

[写真の商品]
日本工芸会正会員「四ツ井健」染なごや帯
(1)変わり市松文(絹100%)…356,400円
(2)衣笠草(絹100%)…356,400円

※価格はすべて税込です。

ショップインフォ

ページトップへ