三越日本橋三越本店

住所
103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
電話番号
03-3241-3311
現在位置
TOPフロアガイド 6階 > 12月の展覧会情報

12月の展覧会情報 フロアガイド

三越の美術

  • 三越の美術トップ
  • 展覧会スケジュール
  • 展覧会情報
  • 美術フロアガイドのご案内
  • 美術作品ご購入のご案内
  • 11月の展覧会情報
  • 12月の展覧会情報

11月30日(水曜日)から12月6日(火曜日)  (最終日は午後5時閉場 アートスクエアは閉店まで)

本館6階 美術特選画廊

律の調べ
福田建之 油絵展

1947年福岡県生まれ。故・山口長男に学ぶ。本展では、卓越した描写力でフランス風景を描いた作品、約30点を出品。陽光あふれる精緻な作風で、穏やかな美を奏でます。

『秋』
4号(縦24.3×横33.4cm)
216,000円

本館6階 美術特選画廊

温故知新
備前 小西陶藏 作陶展

1947年岡山県生まれ。1970年日本大学卒業。日本工芸会正会員。「伝統とは古に今を重ねる」という信念のもと、作陶に取り組んできた小西氏による3年ぶりの新作展。伝統の青備前から今を感じさせる造形力の高いモダンな作品まで、約80点を一堂に展覧いたします。

『窯変火襷茶盌』
径11.5×高さ9.2cm
162,000円

本館6階 美術特選画廊

—色・墨・奏—
川瀬伊人 日本画展

1973年東京都生まれ。東京藝術大学大学院修了。裏彩色、水墨、岩絵具など日本独自の材料・技法を駆使し、新たな平面表現を展開する人気作家です。本展では、水面を描いた大作を中心に、桜や牡丹、鳥などをモチーフとした約25点を展観いたします。

ギャラリートーク
■12月3日(土) 午後2時~

『水』
50号(縦116.7×横90.9cm)
1,728,000円

本館6階 アートスクエア

彫刻の贈りもの展

クリスマスなど年末に向けてイベントが増え、人と会う機会の多い12月。本展では、大切な人へのプレゼントに「贈って楽しい、もらって嬉しい」、若手作家たちによる彫刻作品を展覧いたします。

小黒アリサ『福兎』
幅3.7×奥行3.7×高さ4.2cm
54,000円

本館6階 美術サロン

中島敦子 うるし展

1957年東京都生まれ。東京藝術大学大学院油画専攻修了。並木恒延氏に師事。日展を中心に活動。漆の素材を生かしつつ、動物や人物のモチーフを螺鈿や箔を用いて色彩豊かに表現しています。本展では漆パネル、飾り皿、アクセサリー、食の器など約100点を展覧いたします。

『飾り皿 鶏』
径21×高さ2cm 140,400円

12月7日(水曜日)から13日(火曜日)  (最終日は午後5時閉場 アートスクエアは閉店まで)

本館6階 美術特選画廊

古稀記念 小川長樂 作陶展
—同行ふたり おくのほそ道を辿って—

1947年京都府生まれ。伝統の茶陶の世界に身をおきながら、現代感覚を巧みに取り入れ作品を制作する小川氏。本展では『奥の細道』を題材とした茶盌、水指、花入などの新作を一堂に展覧いたします。

『炫燿黒茶盌 —日の光—』
径12.2×高さ9cm 1,188,000円

本館6階 美術特選画廊

和紙と漆そして日本画
西嶋豊彦 日本画展

1966年滋賀県生まれ。京都芸術短期大学卒業。原料となる木を自ら育て、開発したオリジナルの手漉き和紙と漆の融合を試み、新しい日本画の表現を展開する西嶋氏。海外にも発表の場を広げつつ、絵画の枠に留まらない独自の世界観を表現した意欲作、約30点を展覧いたします。

ギャラリートーク
■12月10日(土) 午後2時~

『花神—ユリ—』
6号(縦27.3×横41.0cm)
518,400円

本館6階 美術サロン

—パステル・軽さと重さ—
大谷郁代展

1981年大阪府生まれ。広島市立大学卒業。大谷氏の作品の魅力は、その確かな筆致とパステルならではの多彩な色合いです。日本橋三越本店にて初個展となる本展では、テーマである存在の「軽さと重さ」をパステルの軽快な色彩と重厚さで表現した、約20点を展覧いたします。

『私が見たもの彼女が見ていたもの』
4号(縦33.4×横33.4cm)
151,200円

本館6階 アートスクエア

3人のたなごころ展

工芸からKOGEIへ。日本人特有の手先の器用さと、受け手側のことを考えてつくる日本のおもてなしの心が垣間見えるのが、工芸作品です。本展は金井麻央氏(漆芸)、坪島悠貴氏(金工)、樋渡賢氏(漆芸)が掌(たなごころ)におさまるサイズの作品を中心に出品し、手の上で楽しむKOGEIの魅力を表現いたします。

ギャラリートーク
■12月10日(土)午後3時~

樋渡賢『麒麟蒔絵杯』
径7.7×高さ5.2cm 432,000円

12月14日(水曜日)から20日(火曜日)  (最終日は午後5時閉場 アートスポットは閉店まで)

本館6階 美術特選画廊

五代 辻石齋 漆芸展
~魯山人ゆかりの漆器とともに

1963年石川県生まれ。帝京大学卒業後、2003年五代目石齋を襲名。のびやかな意匠ときめ細かい蒔絵が美しい山中塗。二代目石齋の頃より北大路魯山人と共作した椀や重箱など辻家に伝来する意匠を含む約70点を一堂に展覧いたします。

イベント
漆絵付け実演
■12月14日(水)、19日(月)
各日午前11時~、午後3時~(約1時間)

『青波瑞鳥蒔絵大棗 内平目地
而妙斎御家元御書付』
径7.5×高さ7.6cm 918,000円

本館6階 美術特選画廊

岡野博展

1949年広島県生まれ。武蔵野美術大学卒業。フランス国立装飾美術学校壁画科卒業。暖かみのある中にも洗練された精神世界を感じさせる作品、約30点を展観いたします。

『森のなかで』
12号(縦40.9×横60.6cm)
907,200円

本館6階 美術特選画廊

めぐる季節に想いをよせて
猪熊佳子 日本画展

1958年京都府生まれ。京都市立芸術大学大学院修了。色鮮やかな四季の風景と、そこに佇む愛らしい小鳥や動物たちの描写に定評があります。心癒される風景画の力作や、2015年より担当している『茶道雑誌』の表紙絵原画など、約30点を展観いたします。

『宇治川逍遥』
8号(縦27.3×横45.5cm)
604,800円

本館6階 美術サロン

齋藤美洲・中梶真武 現代根付彫刻二人展
~継承されゆく造形~

現代根付の世界を初期から牽引してきた齋藤美洲氏と、将来を期待される若手作家、中梶真武氏の二人展。根付彫刻には、「用と美」を兼ね備えるべく培われてきた「型」のようなものがあります。今回の展覧会では「継承されゆく造形」というテーマを設け、ベテランから若手への造形の理の継承が試みられています。現代根付の未来への眼差しを感じられる展覧会です。

齋藤美洲『向干支 酉卯』
幅5.8×奥行2×高さ4.5cm
972,000円

本館6階 アートスポット

岩瀬ゆき展
おいしいアートの7日間

1997年武蔵野美術大学短期大学卒業。岩瀬氏は、スウィーツをテーマにした立体作品の制作に取り組んでいます。壁掛けできる小さな作品から大型作品まで展覧いたします。カラフルで楽しい世界をお楽しみください。

『アイスクリームのハート』
37×30cm 75,600円

12月14日(水曜日)から27日(火曜日)  (アートスクエアは閉店まで)

本館6階 アートスクエア

干支彫刻によるHappyNewYear展

新年を彩る干支の彫刻作品を一堂に展覧いたします。2017年の干支である酉をはじめ、可愛らしい動物たちとともに新たな年の始まりをお楽しみください。

籔内佐斗司『遊酉』
幅6.9×奥行5.2×高さ6.9cm
151,200円

12月21日(水曜日)から27日(火曜日)  (最終日は午後5時閉場)

本館6階 美術特選画廊

2016 酒器展

毎年ご好評いただいている酒器展を今年も開催いたします。重要無形文化財保持者(人間国宝)から若手作家まで、人気作家約110名の新作酒器(ぐい呑)を出品。日本の伝統美からアバンギャルドな作風まで、百人百様の表現が楽しめるぐい呑みは、アート初心者から上級者まで楽しめる奥深いコレクションアイテムです。ぜひ、お気に入りの一点を見つけにお越しください。

[写真の画像]
左から順に
伊藤栄傑『無名異酒盌』径6.5×高さ6.2cm 10,800円
今泉今右衛門『色絵薄墨墨はじき秋草文ぐい呑』径6.0×高さ5.7cm 64,800円
吉田美統『釉裏金彩若竹文ぐい呑』径5.7×高さ5.6cm 70,200円
石山哲也『象嵌泥彩盃』径5.0×高さ6.7cm 21,600円
古川拓郎『釉裏白金彩盃』径9.2×高さ3.7cm 27,000円

イベント
酒数寄者・佐々木達郎氏による酒器の嗜み方&利き酒講座
酒数寄者・佐々木氏に、酒器の見方・選び方・手入れの仕方・使用の際の所作などを教わる。トーク中、個性の異なる日本酒3種を味わながら、日本酒についてもご紹介。

日時:12月24日(土) (1)午後3時~4時、(2)午後4時30分~5時30分
会場:本館6階 美術特選画廊
参加費:1,001円
定員:各回15名

[申し込み方法]
12月14日(水) 午前10時30分より受付開始(定員になり次第終了)
申し込み受付:電話のみ
電話:03(3274)3311(大代表) 本館6階 美術工芸サロンまで。

本館6階 美術特選画廊

英英紅綠(えいえいこうろく)
第41回 白日会会員選抜展

大正13年に故・中沢弘光、故・川島理一郎らによって創立された白日会。洋画壇の重鎮・中山忠彦氏をはじめ、ベテラン作家から若手作家まで、約50名の意欲作をご紹介いたします。

ギャラリートーク
■12月24日(土) 午後2時~

[販売方法のおしらせ]
本店出品作品の内、山本大貴氏の作品につきましては、誠に勝手ながら、会場内においてご応募による抽選販売とさせていただきます。抽選販売の方法につきましては、下記の通りご案内いたしますので、ご確認の上ご応募くださいますようお願い申しあげます。

応募受付期間:12月21日(水) 午前10時30分〜24日(土)午前11時45分

応募受付場所:本館6階 美術特選画廊

英英紅綠 第41回 白日会会員選抜展 会場内

抽選日時:12月24日(土) 正午
応募申込み方法:本館6階 美術特選画廊会場でのご来店による受付のみとさせていただきます。
※お電話、お手紙、FAX、メール等、ご来店以外でのご応募や弊店の営業時間外でのお申込みはお受けいたしかねます。

1.当会場における抽選販売は、山本大貴氏の作品のみとなります。

2.作品の抽選応募をご希望される場合は会場内の応募受付カウンターにてご応募のお申込みをお願いいたします。ご応募の際には、受付にて応募用紙をご記入いただき、抽選番号の記載された控えをお受け取りください。万一、応募用紙のお控えを紛失された場合は、抽選資格を失いますのでご了承ください。

3.抽選のご応募は、ご来店されたお客様のみ、お一人さま、一回とさせていただきます。

4.12月24日(土) 正午より会場内にて抽選を行い、ご当選された方の抽選番号をアナウンスいたします。会場内にご不在の場合は係員より応募者ご本人さまにお電話にてご連絡させていただきます。当落結果のお問い合わせにはお応えすることはできません。

5.ご当選の権利は応募者本人のものとし、第三者への権利譲渡はできません。また、ご当選後のご購入作品の変更やキャンセルはお受けいたしかねますので予めご了承ください。

本件に関するお問合せは、本館6階美術フロア絵画担当まで
電話:03-3241-3311(大代表)

寺久保文宣 『シンフォニア』
6号(縦40.9×横31.8cm)
259,200円

本館6階 美術サロン

わたしの箱庭
窪井裕美 日本画展

1984年栃木県生まれ。東京藝術大学大学院修了。日本美術院院友として今後飛躍が期待される、若手女流画家の日本橋三越本店初個展です。本展では、優美で温かみある女性像や静物をモチーフに描いた日本画、約20点を展覧いたします。

『小雨』
10号(縦53×横33.3cm)
324,000円

12月28日(水曜日)から2017年1月3日(火曜日)  (最終日は午後5時閉場 31日(土曜日)は午後6時閉店。2017年1月1日(日曜日・祝日)は店舗休業日。)

本館6階 美術特選画廊

彦十蒔絵 若宮隆志展
~鏡花の闇に迷う

1964年石川県生まれ。喜三誠山氏に蒔絵技法を師事。平澤道和氏に乾漆技法や天日黒目などの漆芸の基礎を師事。2004年より「彦十蒔絵」を主宰。本展では、泉鏡花の文学世界を蒔絵で表現することに挑戦します。人の心の奥に存在し表面からは知ることのできない感覚を闇に見立て、漆の新たな世界に誘います。

ギャラリートーク
■12月28日(水)午後2時~

『吹雪 化鳥(けちょう)』
径7.3×高さ8cm 464,400円

12月28日(水曜日)から2017年1月10日(火曜日)  (最終日は午後5時閉場 31日(土曜日)は午後6時閉店。2017年1月1日(日曜日・祝日)は店舗休業日。)

本館6階 美術特選画廊

画集・石踊達哉全仕事 全4巻 配本完結記念
石踊達哉展

1945年旧満州生まれ。東京藝術大学大学院修了。テーマ別に編集された画集全4巻の配本が完結したのを記念した新作展。日本橋三越本店では5年ぶりとなる本展では、花鳥風月を独自の感覚で捉え、石踊氏ならではの華やかな世界に昇華させた屏風作品など、約30点を展覧いたします。
※2017年1月4日(水)より一部の展示作品の入れ替えを行います。

『千羽鶴』
6号(縦31.8×横41cm)
2,268,000円

本館6階 美術サロン

花十二題 渡辺信喜 日本画小品展

1941年京都府生まれ。京都市立美術大学卒業。故・山口華楊に師事し、日本古来の絵画表現を守り伝承する京都日本画壇の牽引者のひとりです。「花十二題」と題した本展では、氏が厳選して描いた四季の花々12点を一堂に展観いたします。

『山桜』
4号(縦24.2×横33.3cm)
486,000円

  • 11月の展覧会情報
  • 12月の展覧会情報
※価格はすべて税(8%)込みです。
※パソコンのディスプレイ(モニタ)により、実際の作品の色と異なる場合がございますので、ご了承ください。
※作品につきましては、会期前のご予約も承っております。展覧会初日に掲載した作品が、既に成約の場合がございます。
恐れ入りますが、予めご了承ください。
(12月21日週開催「英英紅綠 第41回 白日会会員選抜展」のうち、山本大貴氏の作品は除く。)
※営業時間、展覧会内容、ギャラリートークの開催は状況により変更になる場合があります。
アドビ フラッシュプレイヤーをダウンロード(別ウィンドウが開きます) デジタルカタログをご覧いただくにあたって
デジタルカタログをご覧いただくためには、最新版のFlash Player(無償)が必要となります。
最新版のダウンロードはこちら(別ウィンドウが開きます)から。