三越日本橋三越本店

住所
103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
電話番号
03-3241-3311
現在位置
TOPフロアガイド 6階 > 3月の展覧会情報

3月の展覧会情報 フロアガイド

三越の美術

  • 三越の美術トップ
  • 展覧会スケジュール
  • 展覧会情報
  • 美術フロアガイドのご案内
  • 美術作品ご購入のご案内
  • 2月の展覧会情報
  • 3月の展覧会情報

3月1日(水曜日)から7日(火曜日)  (最終日は午後5時閉場 アートスクエアは閉店まで)

本館6階 美術特選画廊

THE 女流展 vol.4 2017

平面、彫刻の女流作家12名による意欲作を展覧します。花、風景、人物など多彩な美の競演をお楽しみください。

ギャラリートーク
■3月1日(水) 午後4時~

福島瑞穂
「猫と女」
12号(50.0×60.6cm)
1,296,000円

本館6階 美術特選画廊

—蒼い影— アンドシュ・プローデル作陶展

1950年フランス・コレーズ生まれ。ナンテール大学大学院修了(フランス・美学・哲学博士号取得)。画家として活動後、日本人陶芸家との出会いをきっかけに陶芸を志しました。茶の湯の精神に魅せられ、精神を体現する陶器を制作・発表しています。自由な造形と、抽象画を思わせる「釉薬の景色」で、独自の世界を築く新作の茶碗や花器を展覧いたします。

「遅すぎた春 Printemps tardif」
径14.6×高さ8.3cm
202,500円

本館6階 美術サロン

𠮷村佳洋 日本画展 —思考する景色—

1964年大阪府生まれ。愛知県立芸術大学大学院修了。日本橋三越本店では7年ぶりの個展開催となります。オーストリア、ハンガリー、ドイツ、チェコなどに取材した風景と、そこに佇む人物や花など、美しい色彩と卓越した構成力で表現された新作約20点を発表いたします。

「岬」
10号(45.5×53.0cm)
648,000円

本館6階 アートスクエア

小林佐和子 作陶展 —年中行事・揃—

1984年神奈川県生まれ。東京藝術大学大学院修了。着色した磁土を組み合せて成形する「練込」と地層のように色を重ねて彫る「彩層」という高度な技法を中心に、顔料で着色した磁器が特徴。本展では、現代の日本の「年中行事」をテーマに、お正月からクリスマスまで12カ月それぞれの年中行事のシーンを彩るオブジェや日常のうつわなど新作を展観いたします。

「五月 風に乗って龍になる」
幅22.5×奥行9.5×高さ19.5cm
302,400円

3月1日(水曜日)から14日(火曜日)  (最終日は午後5時閉場)

本館6階 工芸サロン

オンリーMI~香りとアートを持ち歩く~ 陶製アトマイザー

ファッション感覚でアートが楽しめる、陶製のオリジナルアトマイザーが登場。選ばれた約10人の気鋭工芸作家が、思い思いのイメージで理想のアトマイザーを表現。すべて手で絵付けを行い、世界にひとつだけの作品に仕上げました。
※作品のお渡しは、4月中旬を予定しております。
※お選びいただいた作品、セットによって価格が異なります。
※手作りのため、風合いが異なる場合がございます。

イベント
人気調香師・太田奈月氏による天然アロマ香水レッスン
お客さまのお好みの香りを天然アロマのみでお作りいただけるワークショップです。
■日時:3月11日(土) 午前11時~、午後2時~、午後4時~
    (それぞれ所要時間約1時間)
■場所:本館6階 美術工芸サロン
■定員:各回5名さま
■受講料:3,240円
■持ち物:なし

[申し込み方法]
3月1日(水) 午前10時30分より定員に達し次第、受付終了。
電話:03-3241-3311(大代表) 本館6階 美術工芸サロン

オンリーMIスペシャルサイトはこちらはこちら

(右)田村星都
桜文アトマイザー「春の夢」
5点限り
18,900円~

(左)田村星都
唐草文アトマイザー「風の使者」
5点限り
22,140円~

本館6階 アートスポット

オンリーMI版画「てるねこぼうずびすまるく」鍋島正一作品特集

現代の生活では、馴染みのうすくなった「てるてるぼうず」。鍋島正一氏が猫をモチーフにかわいらしく版画にアレンジしました。鍋島氏の作品特集とともにお楽しみください。
※手彩色につき、1点ずつ風合いが異なります。予めご了承ください。
※イベント参加券付き

イベント
人気店とコラボ!作家プロデュース「太陽のビスマルクピザ」を食べよう
■日時:3月22日(水)、25日(土) 各日正午~
■定員:各回15名さま
■場所:ORANGE COVO (東京都中央区日本橋室町4-3-4)
※ご参加は版画をお買いあげの方に限らせていただきます。
※ドリンクは別途代金を頂戴いたします。
※版画をお買いあげ時にイベントの参加希望日をお知らせください。(各回先着順)

オンリーMIスペシャルサイトはこちらはこちら

版画「てるねこぼうずびすまるく」
日本橋三越本店限定30点限り
30.5×39.5cm
10,800円

3月8日(水曜日)から14日(火曜日)  (最終日は午後5時閉場 アートスクエアは閉店まで)

本館6階 美術特選画廊

京の色絵 三浦竹泉 作陶展

1934年京都府生まれ。明治期に京焼の黄金期を築いた三浦家の五代目。色絵、染付による精緻で品格溢れる茶盌や水指を手がける三浦氏は、その鮮やかな作品で、多くの茶人と数寄者を魅了してきました。恒例のシリ-ズ作品では、春から夏にかけての平茶盌など、あわせて約100点を出品いたします。

「色絵夢のお舟平茶盌」
径16.1×高さ5.7cm
583,200円

本館6階 美術特選画廊

E.O展 多摩美出身作家

在学期間も表現方法も異なる、26名の多摩美術大学出身作家によるグループ展です。本展では、第一線で活躍する卒業生の多様な表現を知っていただくとともに、新たな作家との出会いとなりますことを願い開催いたします。多摩美術大学から羽ばたいた美の競演を、ぜひお楽しみください。

ギャラリートーク
■3月11日(土) 午後2時~

齋藤将
「めだまやきじゃんぷ」
6号(31.8×40.9cm)
259,200円

本館6階 美術サロン

蒼野甘夏 日本画展 ~視線のさき~

1973年北海道生まれ。北海道女子短期大学卒業。独学で日本画を学び、現在も札幌で制作を続ける蒼野氏。無駄のない空間構成の中に、艶やかかつ軽やか、時にアンニュイに表現された女性像を中心とした作品約20点を展覧いたします。

「Letter」
8号(45.5×27.3cm)
345,600円

本館6階 アートスクエア

九谷毛筆細字 田村星都展

1980年石川県生まれ。毛筆細字三代目、父・田村敬星に師事。2007年石川県立九谷焼技術研修所修了。九谷毛筆細字という伝統技法を駆使し、源氏物語や萬葉集などの古典文学をモチーフとした独自の世界を展開しています。本展では、鮮やかな色絵の香炉、香合、酒器など、約80点を展覧いたします。

「茶盌 薄紅」
径10×8.5cm
75,600円

3月15日(水曜日)から21日(火曜日)  (最終日は午後5時閉場 アートスクエア、アートスポットは閉店まで)

本館6階 美術特選画廊

新たなる展望 第56回 一水会選抜展

一水会は1936年に有島生馬、小山敬三、安井曾太郎(いずれも故人)らによって創立され、数々の逸材を世に送り出してきました。重鎮から若手まで総勢66名による新作展です。

ギャラリートーク
3月18日(土) 午後2時~

寺井力三郎
「ペトルウシュカ」
8号(45.5×37.9cm)
691,200円

本館6階 美術特選画廊

檜垣青子 茶陶展

父である故・檜垣崇楽の長女として京都に生まれる。京都市工業試験場修了後、父に師事し、1985年より青子の号で茶陶に専念。掌に馴染み幸せな気分に浸れる楽茶碗を中心に、花入・水指・香合・菓子器等新作約70点を展覧いたします。優美で温かみ溢れる檜垣青子の茶陶の世界をご堪能ください。

「緑釉流 黒茶碗」
径12.5×高さ8.5cm
442,800円

本館6階 美術サロン

山崎葉 ガラス展 —花影—

1978年山梨県生まれ。 多摩美術大学卒業。身近な動植物の世界を自身で吹いたガラスにエナメル絵付けを施して表現した作品は、繊細な美しさで広い支持を集めています。日本橋三越本店初個展となる本展では花器、香水瓶、酒器、蓋物など約60点を展覧いたします。

[制作実演]
3月18日(土)・19日(日)
各日午後2時~4時

「桜 蓋物」
径8.5cm×高さ8.5cm
64,800円

本館6階 アートスクエア

金丸遥展 —colors—

1983年神奈川県生まれ。東京藝術大学大学院修了。動物や植物をモチーフにガラスで表現し、見方によってさまざまな表情を持つ有機的な造形と色彩が魅力の立体作家です。日本橋三越本店初個展となる本展では、新作を含む約20点を展覧いたします。

図録がデジタルカタログでご覧いただけます。

「profile」
20×20×高さ20cm
162,000円

本館6階 アートスポット

毛利美穂特集 ~私が見つめる野菜と果物たちⅡ~

1990年佐賀県生まれ。2014年九州産業大学大学院修了。日本橋三越本店での展覧会は昨年5月に続き、2回目。野菜や果物をモチーフに、ポップな色彩やグラフィカルな模様を取り入れた作風で知られています。日本画の伝統的な表現と、現代の新しい感覚が融合した作品約10点を展覧いたします。

「夜明け南瓜図」
10号(53.0×45.5cm)
176,040円

3月22日(水曜日)から28日(火曜日) (最終日は午後5時閉場 アートスクエアは閉店まで)

本館6階 美術特選画廊

閑万希子展 中世の歌謡—こころの線・こころの形

1933年東京生まれ。故・町春草に師事。毎日書道展出品(書名:堀越春朱)を経て無所属。「梁塵秘抄」「閑吟集」など中世の歌謡を書作するためにオリジナルの書風を創り出し、制作を続ける閑氏。屏風や軸装作品など、新作約40点を展覧いたします。

「おもうたをおもうたが…」
65×96.5cm
594,000円

本館6階 美術特選画廊

根本曠子 漆芸展

1965年東京藝術大学大学院修了。日本工芸会正会員。蒔絵・螺鈿と共に、薄い和紙に施した繊細な切り絵を器に貼り、漆で透かして文様をつける独自の技法で高い評価を受けています。本展では日常のうつわから、茶道具、酒器、アクセサリーなど、多種多様な新作を展覧いたします。

ギャラリートーク
■3月25日(土) 午後2時~

「桜紋平棗」
径7.5×高さ4.5cm
129,600円

本館6階 美術特選画廊

川島未雷 油絵展

1958年中国・上海生まれ。上海大学卒業。奥入瀬や上高地など、日本の美しい自然を丹念に描いた新作約30点を一堂に展覧いたします。

「光明寺・京都」
40.9×60.6cm
453,600円

本館6階 美術サロン

三代 畠 春斎 茶の湯釜展

1976年富山県生まれ。日本工芸会正会員。代々鋳物師として続く茶の湯釜一筋の畠家。先代より技法を伝授された筋釜をはじめ、鉄瓶、花入など現代感覚にあふれる上品な作品約30点を出品いたします。

「木爪形鉄瓶」
径14.5×高さ24cm
324,000円

本館6階 アートスクエア

佐藤正和重孝 彫刻展 —塊(かい)—

1973年北海道生まれ。東京藝術大学大学院修了。はるか昔に存在した昆虫が神と崇められた架空の文明を「甲虫文明」と呼び制作のコンセプトとしています。日本橋三越本店初個展となる本展では新作を中心に約20点を展覧いたします。

「苔生すクワガタ
―フォルスターフタマタクワガタ―」
59×20×高さ19cm
853,200円

3月22日(水曜日)から4月4日(火曜日) (アートスポットは閉店まで)

本館6階 アートスポット

ナカムラジン展 偶像寓意花鳥図譜

1959年長野県生まれ。1984年信州大学卒業。これまで日本橋三越本店では、セラミックの作品を発表。本展では、近年制作に力を入れている平面作品を展覧いたします。仏教やサブカルチャーの影響を受けた独創的な作品は、海外でも注目を集めています。華やかな色彩の花鳥画や仏画をお楽しみください。

「旭日美伊那須誕生之圖」
130×65cm
756,000円

  • 2月の展覧会情報
  • 3月の展覧会情報
※価格はすべて税(8%)込みです。
※パソコンのディスプレイ(モニタ)により、実際の作品の色と異なる場合がございますので、ご了承ください。
※作品につきましては、会期前のご予約も承っております。展覧会初日に掲載した作品が、既に成約の場合がございます。
恐れ入りますが、予めご了承ください。
※営業時間、展覧会内容、ギャラリートークの開催は状況により変更になる場合があります。
アドビ フラッシュプレイヤーをダウンロード(別ウィンドウが開きます) デジタルカタログをご覧いただくにあたって
デジタルカタログをご覧いただくためには、最新版のFlash Player(無償)が必要となります。
最新版のダウンロードはこちら(別ウィンドウが開きます)から。
ページトップへ