三越

日本橋三越本店の歴史再発見

日本橋三越本店の歴史再発見 TOP
>国指定重要文化財
>ライオン像
>天女(まごころ)像
>三越劇場
>化石
>パイプオルガン
>中央ホール
>三圍神社
>漱石の越後屋
>「熈代勝覧」の中の越後屋
パイプオルガン

◇パイプオルガン


昭和5年(1930)、世界的に定評のある米国マイテー・ウェルリッツァー社製の最新式パイプオルガンを購入。電力によって奏する大仕掛けなもので、メインとソロの2種からなり、全体の間口は8.2m。


当初は7階ギャラリーに設置されていましたが、昭和10年(1935)の本館全館完成時に、現在の中央ホール2階バルコニーに移されました。
当時その演奏は、JOAKの電波に乗って全国の音楽ファンに発信されていました。


現在でも、毎週金曜・土曜・日曜の各日午前10時30分、正午、午後3時の1日3回、オルガン奏者による生演奏が行われ、店内にその美しい音色が響きわたっています。


平成21年(2009)1月14日に、中央区民有形文化財として登録されました。

※都合により、変更となる場合がございます。予めご了承ください。

ページトップへ