三越札幌三越

住所
060-0061 札幌市中央区南1条西3丁目8
電話番号
011-271-3311
現在位置
TOP> 札幌三越 三越ギャラリー

札幌三越 三越ギャラリー

ピックアップ

10月24日(火)~30日(月)※最終日、午後4時閉場<br>四季の彩り 谷口弘明 日本画展

10月24日(火)~30日(月)※最終日、午後4時閉場
四季の彩り 谷口弘明 日本画展

■本館9階 三越ギャラリーA
京友禅の図案家として培った画風と技法は、琳派の流れを汲み、金銀箔を効果的に使った装飾と革新的なデザインセンスで「新琳派」と称されます。四季折々の風景や動植物が描かれる装飾画は、雅でキラメキある世界へと誘います。

◎作品名:[松竹梅に赤富士]日本画(20号)

10月24日(火)~30日(月)※最終日、午後4時閉場<br>備前焼 山本雄一・竜一 父子展

10月24日(火)~30日(月)※最終日、午後4時閉場
備前焼 山本雄一・竜一 父子展

■本館9階 三越ギャラリーB
備前焼人間国宝山本陶秀の長男である岡山県重要無形文化財山本雄一、その息子、日本工芸会正会員山本竜一との父子展。陶秀伝来の茶入をはじめ、水指、花入、茶碗、建水、灰器などの茶器、麦酒呑などの食器を約100点展示・販売いたします。山本雄一氏は表千家岡山県同門会副支部長、山本竜一氏は久田半床庵和風会に所属しています。二人の備前の茶陶をご堪能ください。

◎作品名:山本雄一[窯変肩衝茶入]

10月24日(火)~30日(月)※最終日、午後6時閉場<br>樋口匡子 作品展

10月24日(火)~30日(月)※最終日、午後6時閉場
樋口匡子 作品展

■本館9階 イベントスペース
深くうつろうグラデーションや、四季を感じさせる優く鮮やかな色彩が美しい、大人のためのメルヘン世界。見るものに語りかけるような内省的な作品から、希望に溢れた力強い作品まで、本展ではアクリル原画を中心にジクレ作品も併せて展示・販売いたします。ぜひご来場ください。

◎作品名:[Joulukalenteri]ジクレ(額装サイズ:約40.0×30.0cm)

10月31日(火)~11月6日(月)※最終日、午後4時閉場<br>渡部源土 作陶展

10月31日(火)~11月6日(月)※最終日、午後4時閉場
渡部源土 作陶展

■本館9階 三越ギャラリーA
黄瀬戸・織部の作品(飾器、茶器、壺、花器、日常使いの器など)を展示いたします。新たな感覚の黄瀬戸・織部をご覧ください。
◎作家来場:会期中、作家在廊予定

◎作品名:[織部刻文花器](幅約15.0cm×高さ約22.0cm)

10月31日(火)~11月6日(月)※最終日、午後4時閉場<br>田中善明 油絵展

10月31日(火)~11月6日(月)※最終日、午後4時閉場
田中善明 油絵展

■本館9階 三越ギャラリーB
観光客が年間8000万人訪れる魅力のパリ。活気溢れる街角やカフェで飲食する人達の賑わい。さらに、今年取材のホテルの窓からの街の風景やセーヌ川の遊歩道風景などを加え、約35点を展覧いたします。

◎作品名:[キヨスク]油彩(15F)

ページトップへ