いちおしブランドとっておきの“こだわり”エピソードいちおしブランドとっておきの“こだわり”エピソード

<帝国ホテル>スープ缶詰

おすすめ商品

ご家庭で楽しめる帝国ホテル伝統の味わい。厳選素材で丹念に作る、ひと味ちがう野菜スープ

017-203

<帝国ホテル>スープ缶詰詰合せ

(ミネストロンスープ・パンプキンスープ×各4、コーンのクリームスープ・フレンチオニオンスープ×各2、各160g)…5,400円

詳細・ご購入

<帝国ホテル>商品一覧

おすすめのワケ

吟味した素材を<帝国ホテル>伝統の技術と製法で作りあげた、味わい豊かな野菜スープの詰合せセットです。コーンの甘みと香りを引き出したコーンのクリームスープ、丁寧に裏ごしして甘みを凝縮した濃厚なパンプキンスープ、たまねぎをあめ色になるまで炒めたフレンチオニオンスープ、トマトをベースに7種類の野菜とベーコンを煮込んだミネストロンスープ。丹精込めて作りあげた、ちょっと贅沢な<帝国ホテル>の味をご家庭でお楽しみいただけます。

<帝国ホテル>商品一覧

名品誕生エピソード

伝統の味わいをご家庭でもお楽しみいただきたい、という強い思いから<帝国ホテル>のスープ缶の開発がスタートしました。<帝国ホテル>の"あの味"を再現するために試作を重ね、苦労の末にようやく伝統の味へとたどり着きました。

スープにはメインの素材として、選び抜いた野菜を使用。自然のおいしさを最大限活かすために、丹精込めて調理しています。コーンのクリームスープは、甘みを引き出すために丁寧に裏ごしをしてクリーミーで風味豊かに仕上げました。濃厚な味わいのパンプキンスープは、国産・ニュージーランド産などのカボチャを使用し、コーンクリームスープ同様に裏ごしをして、なめらかな食感を実現しました。フレンチオニオンスープはたまねぎをあめ色になるまで炒めて甘みを充分に引き出し、温めても冷やしてもお召しあがりいただけるように作り上げました。トマトベースのミネストロンスープは、キャベツ・たまねぎ・にんじん・ばれいしょ・セロリ・にんにくを含めた7種類の野菜と旨みたっぷりのベーコンをじっくり煮込んだスープです。

<帝国ホテル>が自信をもっておすすめするスープは、伝統の技術と製法で作り上げられ、他の缶スープとは一線を画すおいしさ。食卓を彩る一品として重宝する好適ギフトです。

<帝国ホテル>商品一覧

ブランドヒストリー

1890年(明治23年)、帝国ホテルは当時の外務大臣 井上馨氏の発案により、迎賓館の役割を果たすために開業され、国内外の数々の著名人や文化人を迎えてきました。最高級のサービスとおもてなしを提供する、伝統と格式あるホテルです。バイキングスタイルのレストランは、1958年(昭和33年)にオープンした「インペリアルバイキング」が元祖。ホテル開業当時から本格的な西洋料理を提供し、日本における西洋料理の先がけ的な存在としても知られています。

<帝国ホテル>商品一覧

こだわりエピソード TOP

三越 冬の贈り物 TOP

  • 【酒類の販売について】
  • ※20歳未満の飲酒は法律により禁じられております。
  • ※20歳以上であることを確認できない場合、酒類を販売しません。
  • ※このページの酒類は酒類販売業免許通知書に基づき販売しております。

ページトップへ