三越銀座三越

住所
104-8212 東京都中央区銀座4-6-16
電話番号
03-3562-1111
現在位置
TOP > 7階ギャラリー

7階ギャラリー フロアガイド

ピックアップ

7階 ギャラリー

東山魁夷版画セレクション ―白い馬の見える風景―

■3月21日(水・祝)~27日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

日本を代表する風景画家であり、文化勲章受章作家である日本画家、東山魁夷は、今年生誕110年を迎えます。自然の美しさを叙情性豊かに描き、日本の四季、世界の自然や街角を主題に見る人を魅了し、今なお多くの人々に親しまれています。本展では東山魁夷の日本画の魅力を伝えるオリジナル版画約30点を展示販売いたします。

[写真の商品]
東山魁夷「若葉の季節」
(1996年、リトグラフ、ed.250、43×61cm)


工藤雅敏×ふくちあやこ展

■3月21日(水・祝)~27日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

植物や自然界で目にするものの混沌とした動きや軽快に踊るような様を抽出し、浮かびあがらせるように原色や蛍光色の色彩で表現していく画家・工藤雅敏氏。自ら創作した物語や童話・神話をベースに、磁器で形づくった器やオブジェに描きこんでいく九谷焼作家・ふくちあやこ氏。対照的な二人の人気作家の作品で響き合う、自然と人間の物語をお楽しみください。

[写真の商品]
工藤雅敏「maze3」
(アクリル、油彩、キャンバス、31.8×40.9cm)、2018年
ふくちあやこ「陶仏」
(磁器、上絵付け、径5×高さ9.5cm)


「皮膜 2018/向日葵Ⅱ」
(顔料・アクリル・画布、68×68cm)

片山雅史作品展

■4月4日(水)~10日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

片山雅史氏の描く向日葵の螺旋(らせん)は、遥か銀河の巨視的世界からDNAの極小世界まで、すべての生命のかたちです。これら自然が内包する生命の律動を鉱物顔料を何層にも重ね描いています。本展では新作のオリジナル作品を中心に、美術館で発表した過去の代表作もあわせ約30点を展観いたします。どうぞご高覧ください。

[イベントのご案内]
作家来場

■日程:4月4日(水)、7日(土)、8日(日)
ギャラリートーク
■日時:4月7日(土) 午後3時~


「CAT」
(Enamel、medium & acrylic on canvas、53×41cm、2018年)

今井龍満展

■4月11日(水)~17日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

生きもたちの一瞬の躍動感をリアルに捉え、ポアリング技法による独自の作品で国内外から注目されている今井龍満氏。作品発表開始から10年という節目の年を迎えた、今井氏が描くユニークでリアルな[生きるものたち]の新作にご期待ください。
※人数限定にて皆様のポートレートをライブで描く特別企画もございます。(有料・要予約、詳細はギャラリーにお問合せください)

[イベントのご案内]
作家毎日来場

ポートレートライブペインティング
■日時:4月14日(土)・15日(日) 各日午後1時~


「sincerity + 誠」
(サイズ:116 × 136cm)

國重友美×英漢字®展

■4月18日(水)~24日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

漢字でありながら、同じ意味のアルファベットのスペルで構成される英漢字®。國重友美氏が英漢字®を制作してデビュー15周年を迎えます。本展では新しく創作した英漢字®もご紹介します。英漢字®アーティスト國重友美氏の渾身の作品をお楽しみください。

[イベントのご案内]
作家毎日来場

※都合により変更に案る場合がございますので、あらかじめご了承ください。


「A PUMPKIN YOR-A」
(シルクスクリーン、ed.80、2004年、24.0×28.5cm)

草間彌生版画展

■4月25日(水)~5月8日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

1960年代ニューヨークを中心に活動し、世界中で高い評価を得ている前衛芸術家 草間彌生氏。2016年には文化勲章を受章。2017年に行われた大回顧展「わが永遠の魂」では51万人の動員を達成。本展では版画を中心にご紹介いたします。ぜひこの機会にご高覧くださいますようご案内申しあげます。

ページトップへ