三越銀座三越

住所
104-8212 東京都中央区銀座4-6-16
電話番号
03-3562-1111
現在位置
TOP > リビング 新着情報

リビング 新着情報

ピックアップ

7階

三越パールセレクション

■3月1日(木)~31日(土)
■7階 ジャパンエディション

三越パールの良質な素材を使用し、流行にとらわれないシンプルなデザインに仕上げた「三越パールセレクション」は、フォーマルな装いや、パーソナルなご進物などにお使いいただける品質と価格にこだわった三越のパールジュエリーです。春のセレモニーイベントに必需品のアイテムとしてご紹介いたします。

[写真の商品]
アコヤパールネックレス、イヤリングセット(N:8.0ミリ玉、E:8.5ミリ玉)…378,000円

[プレゼント・特典]
3月1日(木)~31日(土)の期間中に、パールセレクションのネックレスをお買いあげのお客さま、先着10名さまに「タイニーベア ハンカチ」をプレゼントいたします。


※写真はイメージです。

おめでとう!ありがとう! ~“ひと手間”かけて、“丁寧”に贈る~

■3月14日(水)~27日(火)
■7階 GINZAステージ

今年のテーマは「ひと手間かけて、丁寧に贈る」。昨年に引き続き好評だった銀座三越のギフトプロジェクトが本年も始動。春、あたらしい生活の始まる季節。お世話になったあの方へ、その他さまざまな贈り物にぴったりなアイテムをご紹介いたします。大切な方へ、心をこめて、あなたの気持ちを伝えてみませんか。


〈高倉工芸〉南部箒 春の暮らし替えフェア

■3月21日(水・祝)~27日(火)
■7階 ジャパンエディション

〈高倉工芸〉の南部箒は、岩手県九戸村でつくられた「ホウキモロコシ」のみを使用し、職人の手によって一つ一つ丁寧に作られています。やわらかく、穂先に“ちぢれ”のある南部箒は、絨毯や畳に入り込んだごみを綺麗に取り除いてくれるだけでなく、カシミヤのお洋服のお手入れにまでお使いいただけます。毎日の暮らしに寄り添う、南部箒。ぜひお手に取って、お気に入りの1本を探してみてはいかがでしょうか。


※写真はイメージです。

〈片山文三郎商店〉白の世界

■3月21日(水・祝)~27日(火)
■7階 ジャパンエディション

片山文三郎が意匠を創造した京都の地で、絞りの凹凸をそのまま生かしたユニークで大胆なフォルムの絞り染め製品を手掛ける〈片山文三郎商店〉。普段取扱いのない形のランプや、春の新作カラーのアイテムをご紹介いたします。



※写真はイメージです。

信楽 髙橋美子 作陶展

■3月21日(水・祝)~27日(火)
■7階 ジャパンエディション

1988年 信楽焼 五代髙橋楽斎の次女として滋賀県甲賀市に生まれ、関西外国語大学短期大学部を卒業後、京都と信楽で陶技を学び、現在、信楽にて作陶されています。東京で初個展となります本展では、信楽大壷、花入、茶道具、器など発表いたします。会期中は、地元から持参した茶花の挿花も予定しております。六古窯の伝統をしっかりと受け継ぐ、瑞々しい作品をお楽しみください。

[写真の商品]
信楽花入(H23.5×W15)…32,400円
ビートロ鉢(H7×W21)…16,200円



※写真はイメージです。

〈薫玉堂〉「香り」と暮らす

■3月28日(水)~4月3日(火)
■7階 ジャパンエディション

薫玉堂は、西本願寺出入りの薬種商として文禄三年(1594年)創業以来、儀式の場または日常の中でその時代の香りを作り続けてきた、御香調進所です。長年に渡り培った調香技術を礎に、伝統を守りながらも常に新しい香りの在り方を追求しています。薬や食用として現在も使われ続ける身体に優しい原料を配合し、香りを通じて日々の暮らしに潤いと彩りをお届けします。

[写真の商品]

〈薫玉堂〉
線香(紙箱入)…1,620円
香筒…3,240円

鈴木陽子 「春風にのせて」

■4月4日(水)~10日(火)
■7階 ダイニング&キッチン

染付や銀彩、色絵技法を用いて多彩な食器やオブジェなどを作る鈴木陽子氏が贈る春の器たちの紹介です。可愛らしさと優しい佇まいが魅力的な同氏の作品は、春の暖かみを器から感じとれる品ばかりです。ぜひご覧ください。

山形鋳物 雅山

■4月4日(水)~10日(火)
■7階 ジャパンエディション

九百年もの歴史を持つ伝統工芸「山形鋳物」。山形県山形市銅町にある【雅山】では高度な技法を駆使してオリジナル商品を制作。現代的なインテリア小物、生活雑貨、伝統的な鉄瓶茶器・花器・香炉などの工芸品から、モニュメント、青銅・ブロンズ像まで幅広く制作しています。

色三感 tamaki niime の 聴く 視る 触る展

■4月4日(水)~10日(火)
■7階 ジャパンエディション

兵庫県西脇市で古くから培われた播洲織に玉木新雌氏が新たな息吹を吹き込みます。彼女の自由な感覚から生み出されるショールやウエアはコットンのふんわりやわらかな肌触りとカラフルな色彩が魅力です。tamaki niimeの“春色”をこれからの爽やかな季節の装いにプラスしてみてください。

松山組紐

■4月11日(水)~17日(火)
■7階 ジャパンエディション

大正3年に組紐の製造を始め、昭和46年に会社として設立。現在の代表・松山好成氏は(財)伝統的工芸品産業振興協会の「伝統工芸士」にも認定され、日本工芸会の正会員でもあります。松山好成氏の作る組紐の綺麗な色合いと絶妙な合わせ方は「独特のオーラを放ち、輝きが違う」と根強いファンがいます。


はるめく ガラスの器たち

■4月11日(水)~24日(火)
■7階 ダイニング&キッチン

富山を拠点にガラス工芸に携わる新進気鋭の作家たちの競演です。光の透過が美しいクリアなガラスやカラフルでポップな作品など幅広く取り揃えてご紹介いたします。丁寧に手作りされた趣あるガラスのコップや皿、花器は日々の暮らしを明るくするアクセントを添えてくれます。 ぜひお気に入りの一品を見つけてください。

茶・茶・茶~ちょっと一服しませんか~

■4月11日(水)~24日(火)
■7階 GINZA ステージ

仕事そして家事・子育て。時間に追われる日々。その中で暮らしの中の一区切りをつけること。それが暮らしの中にうるおいを与えます。昔から人々の暮らしの中にある“ちょっと一服”。今回は日本茶・紅茶・中国茶、それぞれの、ちょっとしたくらしの中の一区切りをご提案いたします。

[イベントのご案内]
静岡をベースに日本茶の新たな可能性を追求する
TEA SONGS 石橋章子氏による「煎茶の美味しい入れ方」実演

■日時:4月14日(土)・15日(日) 各日午後12時~6時


ギャラリー三彩 日本のよきもの ~暮らしの中でお茶を愉しむ~

■4月11日(水)~24日(火)
■7階 ジャパンエディション

伝統の抹茶を日々の暮らしの中で気軽に愉しんでいただくための新しい様式をご提案します。日本のよき風習、端午の道具等も一緒にご紹介します。

[イベントのご案内]
呈茶体験
(1)前田家御用窯今九谷窯代表中村太一氏による「きれい茶」の実演を開催します。
■日時:4月11日(水) 午後1時~5時(随時)
■参加費:無料
(2)茶人 大久保文之氏によるお呈茶会
■日時:4月14日(土)・15日(日) 午後1時~5時(随時)
■参加費:無料

〈バーレイ×クルックスカフェオ〉

■4月18日(水)~24日(火)
■7階 リミックススタイル

イギリス最大の陶器町「ストーク・オン・トレント」で1851年以来、160年以上もの間、伝統的な銅版転写による柄付けと素晴らしいデザインを受け継ぐバーレイ社の華やかな食器を紹介いたします。雑味がなく爽やかな甘い香りと滑らかな舌触りが特徴で、バリスタ橘氏が選んだ素材と絶妙なブレンドにこだわる人気のクルックスカフェオとの共演です。

つる工房 鷹山

■4月18日(水)~24日(火)
■7階 ジャパンエディション

山形県から福島県にまたがる吾妻山系に自生する山ぶどうの蔓を使った蔓細工。奥深い自然の恵みから作り出されるバックは丈夫で長く愛用でき、使うほどに素朴な光沢と味が出て来ます。【つる工房 鷹山】では蔓の太さや編み方を工夫して新しい模様も制作しています。使いながら、ご自分で育てるバックです。

柴田慶信商店

■4月25日(水)~5月1日(火)
■7階 ジャパンエディション

秋田県大館市の柴田慶信商店は、天然杉を使用した曲げわっぱを製造しています。塗装を施さない白木仕上げ(無塗装)で天然杉のほのかな香りが食欲をそそり、より一層美味しく感じさせてくれます。

[写真の商品]
上「白木 手の平弁当箱500ml」
下「白木 手の平弁当箱650ml」

岡田美里 刺繍のおもてなし

■4月25日(水)~5月8日(火)
■7階 GINZA ステージ

昨年に続いて岡田美里氏監修の下、刺繍アイテムを集めてご紹介。本年はさらに食器をモチーフに制作したオリジナル刺繍(キット含む)を販売。楽しい刺繍時間を提案します。

[イベントのご案内]
岡田美里氏トークショー
刺繍作家として多くのファンを持つ氏が、ヨーロッパの刺繍事情を語ります。
■日時:5月5日(土・祝) 午後3時~

〈高城染工〉大人の青の服

■4月25日(水)~5月13日(日)
■7階 ジャパンエディション

瀬戸内の青い海、そして町のカラーはインディゴブルー。国内産デニムウエアの最先端を作り出す倉敷児島の地で、100年の歴史を持つ高城染工場。手染めの青の持つ魅力を大人の女性に喜ばれる日常着に仕立てました。

〈嘉門工藝〉「自宅でも、おいしい抹茶。」

■4月25日(水)~5月13日(日)
■7階 ジャパンエディション

春になると何か新しいことをはじめたくなりませんか。春の小さな一歩を銀座三越×嘉門工藝ではじめてみてはいかがでしょう。初めての方も気負わずに抹茶を楽しんでいただけるような工夫が満載の茶籠を新作と合わせてご紹介します。大人の女性に向けてレースを使ったラグジュアリーなデザインから、シックな組み合わせのものまで、手に取るたびにうれしくなる大人の茶籠をご提案します。

ライフスタイルコンシェルジュ

※価格はすべて税込です。

ページトップへ