三越日本橋三越本店

住所
103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
電話番号
03-3241-3311
現在位置
TOP > MAICO WEEK

MAICO WEEK あの子も、舞妓も、おきばりやす。 2016年11月9日(水曜日)から15日(火曜日) 本館2階 スペース#2

日本には、「美しく、頑張る」女性たちがいます。伝統文化を守りながら、厳しい訓練に耐え、おもてなしと気遣いを忘れない、“舞妓さん”。なんでも手に入る今の世の中で、高みを目指して常に前を向きつづける“現代の女性たち”。「美しく、頑張る」人の象徴として、舞妓さんにスポットライトをあて、現代の女性を応援するMAICO WEEKを開催します。舞妓さんのさまざまなシーンで「美しく、頑張る」姿や知られざるストーリーを体験いただきながら、美しさに妥協しない舞妓さんならではの、素敵なアイテムも入手できる、そんな特別な一週間。
MAICO WEEKで、「美しく、頑張る」ことのヒントを、手に入れませんか?
あの子も、舞妓も、おきばりやす。

展開ブランド

〈あだち〉
京都最古の花街・上七軒より出店。西陣織、つづれ織りと刺繍で花街の世界を和小物で表現。伝統工芸士プロデュースの名刺カード入れなどを展開します。また、デザイナー菊池あかねとのコラボで立ち上げたブランド〈花街〉もご紹介します。

〈YUKI FUJISAWA〉×〈アトリエ染花〉
手作業の染色による一点物のファッションプロダクトなど幅広く活動しているデザイナー・藤澤ゆきによる〈YUKI FUJISAWA〉と、無限の色彩の色合わせにて手仕事にて立体的にコスチュームアクセサリーを作り続けている〈アトリエ染花〉がコラボレーションし、舞妓さんの12カ月の四季が感じられる“かんざし”からインスパイアしたコサージュなどをご紹介します。

〈AYANOKOJI〉
職人が手作りする京都のがま口専門店。時代の流れと共に失われていく技術や素材を見直しながら、使いやすさはもちろん、現代のライフスタイルに合ったデザインを追求し枠にとらわれない、新しいがま口を提案します。

〈naeclose〉
京都の町屋の一階に小さなお店を構えるnaeclose。“何かのきっかけになるアクセサリー”をテーマとして、デザイナーであり装飾家としてアート活動も行う西紗苗が世界で出会って見つけてきたパーツや、たくさんのご縁からつながった京都素材などを用いたアクセサリーを展開、ワークショップもおこないます。

【和モダンアクセサリー作りワークショップ】
■日程:11月9日(水)・11日(金)
■時間:午後1時~、3時~、6時~ 約1時間程度
■参加費:税込3,240円
■定員:各回5名さま(ご予約制)

〈昇苑くみひも〉
和装はもちろん、神社仏閣などの飾りからジュエリー、ファッション、インテリアなど、新しい組紐の役割を探しながらものづくりをしています。今回は組紐をつかったストラップやヘアアクセサリーなどをご紹介します。

〈kyo・miori〉
洋の東西を問わず、自然と科学、古き良き伝統と革新的な技術、双方のいいところを柔軟に取り入れ、「肌に優しく、より美しく」をテーマに商品開発。可愛くてつい自慢したくなる、ひとひねりある和風デザインのコスメが勢ぞろいします。

イベント

京都最古の花街・上七軒の舞妓、市こまさんによる、「舞」「トークイベント」

■日程:11月12日(土)
■時間:午後2時~、4時~
■舞:本館1階 中央ホール
■トークイベント:本館2階 スペース#2

最新情報は日本橋三越本店レディスファッション公式instagramで発信いたします。
#MAICOWEEK
https://www.instagram.com/mitsukoshi_nihombashi_explorer/
@mitsukoshi_nihombashi_explorerをフォローしていただき、本館2階“MAICO WEEK”にご来店いただいた方に“MAICO WEEK”オリジナルシールを差しあげます。

イベント詳細・ワークショップのお申し込みは、本館2階「MAICO WEEK」担当までお問合せください。
■お問合せ:03-3241-3311(大代表)

  • ※都合によりイベント内容等が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
  • ※写真はイメージです。
ページトップへ