三越日本橋三越本店

住所
103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
電話番号
03-3241-3311
現在位置
TOPフロアガイド 6階 > 7月の展覧会情報

7月の展覧会情報 フロアガイド

三越の美術

  • 三越の美術トップ
  • 展覧会スケジュール
  • 展覧会情報
  • 美術フロアガイドのご案内
  • 美術作品ご購入のご案内

7月5日(水曜日)から11日(火曜日)  (最終日は午後5時閉場 アートスクエアは閉店まで)

本館6階 美術特選画廊

生誕130年 小村雪岱 作品展

大正から昭和初期にかけて、装幀、挿絵、舞台美術、日本画などそれぞれの分野で活躍した小村雪岱。生誕130年となる本年、白黒のコントラスト、線描の美しさが際立つ挿絵原画を中心に、近年の回顧展でも特に人気の高まりを見せる、雪岱ならではの世界をご紹介いたします。

『吉川英治「遊戯菩薩」
(第8回 昭和10(1935)年7月21日掲載)』
縦23.1×横15.8cm
302,400円

本館6階 美術特選画廊

第五回 無窮の會 —日本画の未来へ—

日本美術院の創設者のひとりである、横山大観の母校・東京藝術大学を巣立った院展若手作家を中心としたグループ展。次代を担う期待の俊英作家の作品約25点を一堂に展観いたします。

ギャラリートーク
■7月8日(土) 午後2時~

染谷香理「タビ・旅」
10号(縦52.5×横45.5cm)
540,000円

本館6階 美術特選画廊

福井欧夏 油絵展

1968年広島県生まれ。武蔵野美術大学大学院修了。白日会会員。日展会員。美しく優雅な女性像の描写に定評ある福井氏の新作展です。人物や静物など、約20点を発表いたします。

「深秋」
10号(縦33.3×横53cm)
864,000円

本館6階 美術サロン

浅見宜恒(のりつね) 陶展

1982年京都府生まれ。京都精華大学卒業。六代 浅見五郎助氏に師事。素地にさまざまな細かい文様を押し付ける「三島手」という技法を駆使した作風で、現代的でありながら伝統を感じるオリジナルを制作しています。本展では、三島手を中心としたうつわや花入など、約70点を展覧いたします。

「刻三島鉢」
径23×高さ9.5cm
54,000円

本館6階 アートスクエア

水元かよこ 陶展 —ARAMI 魂(あらみたま)—

1971年石川県生まれ。加賀友禅工房で彩色を、九谷焼窯元で絵付けを学んだ後、2010年石川県津幡町に築窯。九谷焼の加飾にポップカルチャー、サブカルチャーなどの要素を取り入れた表現で人気です。本展では、茶碗、水指、鉢、香炉、根付など新作約50点を展覧。荒御魂のパワーを宿し、普段は目に見えないものの「気配」を感じてください。

「Eat me」
径28.8×高さ9.4cm
178,200円

7月12日(水曜日)から18日(火曜日)  (最終日は午後5時閉場 アートスクエアは閉店まで)

本館6階 美術特選画廊

象嵌(ぞうがん)・彩泥(さいでい) 佐伯守美の世界展

1949年栃木県生まれ。東京藝術大学大学院修了。日本工芸会正会員。象嵌や錬り込みの技法を駆使し、木々、山々、湖など「樹林文」と呼ばれる模様を陶器の地肌に描き、人気を博しています。近年は新しいモチーフに挑戦するなど、精力的に制作活動も行っており、本展では、扁壺(へんこ)や花器、日常で使える食器など、新作約80点を展覧いたします。

ギャラリートーク
■7月15日(土) 午後2時~

「象嵌釉彩樹林文扁壺」
幅48.5×奥行10.5×高さ17.0cm
345,600円

本館6階 美術特選画廊

近代現代彫刻秀作展 伝統の継承と新たな木彫の世界

古くから引き継がれてきた日本の仏像制作における彫刻の中心は木彫といわれています。本展では、近代木彫史に名を残した巨匠や、現在活躍中の作家の作品約30点を展覧いたします。

本館6階 美術サロン

19世紀ヨーロッパ陶板画展
併催 ヨーロッパ名窯作品特集

泰西名画を主題とした19世紀の陶板画は、原画を凌駕するほどの精緻な表現力で人々の心をとらえ、深い感動を与えます。本展では、ヨーロッパを代表する名窯マイセンとベルリンK.P.Mを中心に約20点の陶板画を展覧いたします。

ベルリンK.P.M「薔薇を持つ貴婦人」(1900年頃)
24.5×18.0cm
3,456,000円

本館6階 アートスクエア

色絵のうつわ 南絢子展

1984年石川県生まれ。陶芸家の父、南繁正氏に師事。石川県立九谷焼技術研修所修了。日本工芸会正会員。時節を楽しむ心、日本の言葉から広がる情景を、白地に発色や質感にこだわった繊細な絵付けで表現しています。本展では、花器、香炉、水指、茶碗、酒器など約50点を展覧いたします。

「香炉 夏立つころ」
径9.0×高さ7.5cm
140,400円

7月19日(水曜日)から24日(月曜日)  (最終日は午後6時閉場)

新館7階 ギャラリー

2017 MITSUKOSHI ART CUBE

アートは常に時代と共生しつつ劇的に変化を遂げ、見る者の心を捉えます。本展では、新時代を切り開くさまざまなスタイルのアーティストたちをブースごとに分け、アートシーンの「今」を展覧いたします。どうぞご期待ください。

図録がデジタルカタログでご覧いただけます。

スペシャルサイトはこちら
※7月3日(月)よりオープン

五十川満「世界一美しい猫 ~ラパーマ~」
額寸サイズ:56.5×75.0cm
324,000円

7月19日(水曜日)から25日(火曜日)  (最終日は午後5時閉場 アートスクエアは閉店まで)

本館6階 美術特選画廊

第9回 Nihonga・京

京都画壇を中心に活躍する作家たちが、長い歴史と伝統に立脚しながら、現代における新たな日本画の可能性を探るべく結集した新作展です。

ギャラリートーク
出品作家が語る日本画の魅力
■7月22日(土) 午後2時~
秋野亜衣、岩﨑絵里、小田賢、篠原貴之、
田島周吾、西嶋豊彦、長谷川雅也、林孝二

西野陽一「木の上のヒョウ」
50号(縦116.7×横90.9cm)
3,240,000円

本館6階 美術特選画廊

八事窯 五代 中村道年 茶陶展

1967年愛知県生まれ。名古屋八事南山の地で、伝統の八事窯を継承する五代 道年氏。手取りよく喫しやすい楽茶碗を中心に、黒・赤・飴釉による水指、花入、香合など茶味あふれる新作約80点を展覧いたします。

「数印 富士ノ絵 黒茶碗」
径11.5×高さ7.5cm
432,000円

本館6階 美術サロン

石川和男 油絵展 —幸せの原風景—

1961年千葉県生まれ。武蔵野美術大学大学院修了。独立美術協会会員。海景を中心に爽快感あふれる作品を描きます。青い海が夏らしい涼やかな雰囲気を演出します。

「水温む」
24.3x33.4cm
172,800円

本館6階 アートスクエア

村山 哲 乾漆彫刻展

1949年愛知県生まれ。愛知県立猿投農林高校卒業。日展会員、日本彫刻会会員。乾漆技法を用いたあたたかみのある古色の彩色と、ユーモラスな表情を持つ仏像に定評があります。本展では、フクロウや猫などの生き物から不動明王などの仏像を中心に展覧いたします。

「不動明王」
幅24.5×奥行24.5×高さ40.0cm
723,600円

7月26日(水曜日)から8月1日(火曜日)  (最終日は午後5時閉場 アートスクエア、アートスポットは閉店まで)

本館6階 美術特選画廊

第6回 われらの地平線
—‐—‐いま・新たなる二紀展からの発信—‐—‐

日本藝術院会員の山本貞氏、山本文彦氏、藪野健氏を中心とした二紀会の重鎮から若手作家まで約50名の絵画や彫刻の作品を展覧いたします。

ギャラリートーク
■7月29日(土) 午後2時~
入場無料・事前予約不要

柏本龍太「introduction」
20号(縦72.7×横60.6cm)
864,000円

本館6階 美術特選画廊

伊賀 小島憲二 陶展 古典に導かれ

1953年愛知県生まれ。1972年愛知県立常滑高校卒業。古来、茶人や武将たちに茶室で育まれ、愛されてきた古伊賀。小島氏は、その古伊賀を模範とし、現代の生活空間で活きるうつわを制作しています。本展では伝統を基調としながら、現代的な造形にもこだわった壷、水指、茶盌、花入、酒器など、約70点を一堂に展覧いたします。

「伊賀扁壷」
34.3×16.5×高さ24.3cm
367,200円

本館6階 美術サロン

鈴木強 日本画展 —「笑う」動物たち—

1956年静岡県生まれ。多摩美術大学大学院修了。愉快でほほえましい「笑う動物」や鮮やかな色彩をちりばめた「宝船」などをモチーフとし、日本画の技法を駆使しながら、現代琳派の世界を表現した力作を展覧いたします。

「笑うウサギ」
4号(縦33.3×横24.2cm)
280,800円

本館6階 アートスクエア

彫刻の水族館

木彫をはじめとし、さまざまな技法によって表現された海の生き物たちの美しく、かわいらしい彫刻作品を集めました。本展では木彫作品を中心に展覧いたします。暑い夏の季節に、水族館のようなさわやかな世界観をお楽しみください。

イベント
木彫アーティスト瀬戸優氏による立体アート着彩インスタレーション
■7月28日(金) 午後4時~
入場無料・事前予約不要

丸山達也「青を統べる」
幅30.0×奥行12.0×高さ38cm
302,400円

本館6階 アートスポット

北斎漫画特集

「北斎漫画」は葛飾北斎(1760年~1849年)が絵手本として発行した、いわば「スケッチ画集」で1814年(文化11年)、北斎が54歳のときに初編が発行されました。その後、1878年(明治11年)までに全15編が発行されました。本展では夏を連想する作品を中心に約30点を展覧いたします。筆さばき光る北斎漫画の魅力をどうぞお楽しみください。

葛飾北斎「北斎漫画四編「浮腹巻」」1816(文化13)年
22.8×15.8cm
270,000円

※価格はすべて税(8%)込みです。
※パソコンのディスプレイ(モニタ)により、実際の作品の色と異なる場合がございますので、ご了承ください。
※作品につきましては、会期前のご予約も承っております。展覧会初日に掲載した作品が、既に成約の場合がございます。
恐れ入りますが、予めご了承ください。
※営業時間、展覧会内容、ギャラリートークの開催は状況により変更になる場合があります。
アドビ フラッシュプレイヤーをダウンロード(別ウィンドウが開きます) デジタルカタログをご覧いただくにあたって
デジタルカタログをご覧いただくためには、最新版のFlash Player(無償)が必要となります。
最新版のダウンロードはこちら(別ウィンドウが開きます)から。
ページトップへ