三越日本橋三越本店

住所
103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
電話番号
03-3241-3311
現在位置
TOPフロアガイド 6階 > 5月の展覧会情報

5月の展覧会情報 フロアガイド

三越の美術

三越の美術

  • 4月の展覧会情報
  • 5月の展覧会情報

5月2日(水)~7日(月)
(最終日は閉店まで)

本館6階 美術特選画廊

第29回 伝統工芸人形展

隔年で開催されている公益社団法人日本工芸会・人形部門の公募展です。重要無形文化財保持者(人間国宝)の新作をはじめ、受賞作品と入選作品を一堂に展覧いたします。

ギャラリートーク
■5月2日(水)午後0時30分~ 中村信喬氏
■5月6日(日)午後2時~ 青野洋氏
入場無料・事前予約不要

5月2日(水)~8日(火)
(最終日は午後5時閉場 アートスクエアは閉店まで)

本館6階 美術特選画廊

伊藤麻沙人 作陶展

『青釉鉄彩花入』
径14×高さ27.5cm
129,600円

1950年東京都生まれ。東京藝術大学大学院修了。藤本能道、田村耕一、浅野陽(いずれも故人)に師事。一年の移り変わりを感じることができる、日本特有の四季をイメージした作品を中心に展覧いたします。

ギャラリートーク
■チェリスト・丸山朋文氏による演奏会も同時に開催いたします。
5月5日(土・祝)午後2時~
入場無料・事前予約不要

本館6階 美術特選画廊

美しき刻—賛美抄歌 守みどり 日本画展

『草ノ刻』
縦33×横80cm
1,296,000円

1968年千葉県生まれ。東京藝術大学大学院修了。日本美術院院友。近年、院展での受賞を重ね、旺盛な創作活動を続ける守氏による日本橋三越本店初の個展です。人物や動物、花や鳥など、見つめる対象のそれぞれが最も美しく輝く瞬間を捉えるために力を注いだ作品の数々を展覧いたします。

ギャラリートーク
■5月3日(木・祝)午後2時~
入場無料・事前予約不要

本館6階 美術サロン

佐久間公憲 油絵展

『白い花』
3号(縦27.3×横22cm)
162,000円

1950年北海道生まれ。東京藝術大学卒業。二紀会会員。画面より醸し出される場の空気や情感を伝える意欲作の数々を一堂に展観いたします。

本館6階 アートスクエア

渡辺おさむ展 Sweet Garden

『Sweet lion』
左右ともに/
約幅27×奥行20×高さ47cm
二体一組 518,400円

1980年山口県生まれ。東京造形大学卒業。スイーツデコレーション技術をアートに昇華した、華やかな作風で人気を博しています。本展では、会場を「庭」に見立て、動物や花々など新作約20点を展示いたします。

ワークショップのご案内
スイーツアーティスト渡辺おさむ氏と猫の小物入れをつくろう!
■開催日時:5月2日(水)・5日(土・祝)各日午前11時~・午後4時~
■所要時間:約1時間
■定員:各回5名
■参加費:3,240円

ご予約の承りについて
4月25日(水)午前10時よりお電話にて承ります。
電話:03-3241-3311(大代表) 本館6階 美術工芸サロン

5月9日(水)~15日(火)
(最終日は午後5時閉場 アートスクエアは閉店まで)

本館6階 美術特選画廊

松村公嗣 日本画展 —時を感じて—

『墨牡丹』
10号(縦45.5×横53cm)
3,240,000円

1948年奈良県生まれ。愛知県立芸術大学大学院修了。日本美術院同人、理事。これまでさまざまな地に赴き、取材を重ねてきた松村氏。新たな画境を拓くべく取り組んでいる屏風の新作をはじめ、2011年から手がける雑誌『文藝春秋』の表紙絵原画など、約30点を一堂に展覧いたします。

ギャラリートーク
■5月13日(日)午後2時~
入場無料・事前予約不要

本館6階 美術特選画廊

伊藤北斗 山田瑞子 二人展

上/伊藤北斗
『釉刻色絵金銀彩香炉(台座付)』
香炉/径15×高さ13.5cm
台座/16×16×高さ0.8cm
226,800円
下/山田瑞子
『空間造形ネックレス』
ネックレス長さ:約46cm
162,000円

多彩な色絵磁器の世界を展開する伊藤氏と、女性らしいやさしさのある金工作品を創り出す山田氏。東京藝術大学の同窓生である二人の合作を含めた、新作の数々をお楽しみください。

本館6階 アートスクエア

ダンデライオン 佐藤丹山 彫刻展

『百珠・獅子』
幅8.5×奥行8.5×高さ10cm
48,600円

1973年北海道生まれ。佐藤晃永氏に師事。温かみある木彫のフォルムと、動物たちの愛らしい表情に定評があります。本展では新作約30点を一堂に展示いたします。

本館6階 美術サロン

唐津 安永頼山展 茶盌十二か月

『斗々屋茶盌』
径15.8×高さ6.9cm
151,200円

1970年島根県生まれ。田中佐次郎氏、藤ノ木土平氏に師事。朝鮮唐津、斑、山瀬などの味わい深い唐津を制作されています。本展では十二か月の四季折々にあった茶盌を中心に花入、うつわなどを出品いたします。

5月16日(水)~21日(月)
(最終日は午後6時閉場)

新館7階 催物会場

2018 三越美術逸品会

歴史に名を刻む巨匠たちの優品から気鋭若手作家の意欲作まで、アートシーンを俯瞰できる大型の展覧会です。日本画、洋画、彫刻、版画、コンテンポラリーアートなど、多種多様な美術品約300点を一堂に展覧いたします。会期中に予定している、作家来場やイベントもお楽しみください。

ギャラリートーク
■5月19日(土)午後2時~ 吉田伊佐氏
■5月20日(日)午後2時~ 武田裕子氏

※4月28日(土)以降にこちらをクリックしていただくと、デジタルカタログをご覧いただけます。
デジタルカタログはこちら

5月16日(水)~22日(火)
(最終日は午後5時閉場 アートスクエアは閉店まで)

本館6階 美術特選画廊

漆の現在 2018展

増村紀一郎『漆皮輪花鉢』
径32.6×高さ9cm
1,296,000円

今日、日本の漆芸作家の作品は海外から大きく注目されるようになりました。この展覧会では工芸評論家・外舘和子氏が監修し、日本各地で制作するベテランから新進気鋭の作家まで、会派や世代を超えた約50名による作品を一堂に展覧いたします。現在の日本の漆芸をご覧ください。

ギャラリートーク
外舘和子氏と出品作家によるクロストークを開催します。
■5月20日(日)午後2時~

※4月25日(水)以降にこちらをクリックしていただくと、デジタルカタログをご覧いただけます。
デジタルカタログはこちら

本館6階 美術特選画廊

芸術と自然とのふれあい ガレ・ドーム展

ガレ『ライラック文花瓶』
径11×高さ53cm
2,700,000円

19世紀末に鮮烈な輝きとともに登場し、今なお人々を魅了し続けるアール・ヌーヴォーガラス。なかでも、エミール・ガレとドーム兄弟は卓越した技法を駆使し、新しいガラス芸術を創造しました。本展では、花瓶やランプ、香水瓶など、100点にも及ぶ作品を展覧いたします。

本館6階 美術サロン

大路誠 洋画展 ~生命讃歌~

『桃とサクランボ』
SM(縦15.8×横22.7cm)
162,000円

1976年大阪府生まれ。広島市立大学大学院満期退学。静寂を感じる心地よいマチエールと細やかな筆致に定評がある大路氏。静物や女性像などの意欲作約20点を展観いたします。

本館6階 アートスクエア

冨川秋子 陶展 —氷と線と—

鉢『凛氷』
径23.5×幅22.3×高さ8cm 45,360円

1977年神奈川県生まれ。女子美術大学大学院修了。日本工芸会正会員。半透明で青色の「氷青釉」を操り、澄んだ氷や、青くひろがる大空を彷彿とさせる磁器を制作する冨川氏。自然界から得た心象を余すところなく作品に込め、鉢、花器、蓋物、茶碗、酒器など約70点を発表いたします。

5月23日(水)~29日(火)
(最終日は午後5時閉場 アートスクエアは閉店まで)

本館6階 美術特選画廊

—日本画・洋画— 巨匠展 2018

小杉小二郎
『雪のサン・ジェルマン・レイの港』
30号(縦72.7×横90.9cm)
6,480,000円

わが国の日本画壇・洋画壇を代表する重鎮作家16名による美の競演です。日本橋三越本店だからこそご覧いただける、珠玉の展覧会をお楽しみください。

[出品作家]
■日本画:石踊達哉・千住博・中島千波・中野嘉之・西田俊英・畠中光享・
平松礼二・安田育代
■洋画:青木敏郎・池口史子・大津英敏・大沼映夫・奥谷博・絹谷幸二・
小杉小二郎・藪野健
(五十音順、敬称略)

ギャラリートーク
5月26日(土)午後2時~
入場無料・事前予約不要

本館6階 美術特選画廊

池田瓢阿 池田泰輔 相伝展

池田瓢阿『唐物七宝編籠花入』
径25.5×高さ58.5cm
1,890,000円

1951年東京都生まれの父・池田瓢阿氏と、1981年東京都生まれの長男・池田泰輔氏による相伝展。1993年に三代目を襲名して以来、茶の湯の古典をしっかりと踏まえつつ、精力的に活動してきた瓢阿氏。本展では泰輔氏の作品とあわせて、茶の湯の花籠、茶杓、花入などを一堂に展覧いたします。

本館6階 美術サロン

塗りもののうつわ 山本隆博展

『尺二菜桶 三ツ引』
径36.6×高さ6cm
129,600円

1967年福井県生まれ。自家精製した国産漆を使用している山本隆博氏。本展では、日常的に使える椀、盆、鉢、皿、箱などを展覧いたします。国産漆が持つ上品な質感を感じてください。

本館6階 アートスクエア

彩女会 作陶展

左から/
杉沼里美『型染文様マグカップ』
径9.6×高さ8.5cm 8,640円
斉藤裕子『色絵葉文マグカップ』
径7.8×高さ7.2cm 5,400円
若林和恵『彩色カップ』
径8.8×高さ9.1cm 7,560円
古川茂世『角文マグカップ』
径8×高さ8cm 5,400円
高木寛子『色絵紅花マグカップ』
径8×高さ8.6cm 5,400円

東京藝術大学出身の女性陶芸家6名によるグループ展です。23回目を迎える本展では「マグカップ」がテーマ。作家それぞれの作風をお楽しみください。

  • 4月の展覧会情報
  • 5月の展覧会情報

※価格はすべて税(8%)込みです。
※パソコンのディスプレイ(モニタ)により、実際の作品の色と異なる場合がございますので、ご了承ください。
※作品につきましては、会期前のご予約も承っております。展覧会初日に掲載した作品が、既に成約の場合がございます。
恐れ入りますが、予めご了承ください。
※営業時間、展覧会内容、ギャラリートークの開催は状況により変更になる場合があります。

アドビ フラッシュプレイヤーをダウンロード(別ウィンドウが開きます) デジタルカタログをご覧いただくにあたって
デジタルカタログをご覧いただくためには、最新版のFlash Player(無償)が必要となります。
最新版のダウンロードはこちら(別ウィンドウが開きます)から。
ページトップへ