三越日本橋三越本店

住所
103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
電話番号
03-3241-3311
現在位置
TOPフロアガイド 6階 > 7月の展覧会情報

7月の展覧会情報 フロアガイド

三越の美術

三越の美術

  • 6月の展覧会情報
  • 7月の展覧会情報

6月27日(水)~7月10日(火)
(アートスクエアは最終日午後4時閉場)

本館6階 アートスクエア

瀧本光國木彫展

『相一石を運ぶ』
鳥海青児による
幅11×奥行11.7×高さ29.1cm
324,000円

1952年福岡県生まれ。豊福知徳に師事。さまざまなアート作品にインスピレーションを受け、木彫作品を創作する瀧本氏の意欲作約20点を一堂に展示いたします。

7月4日(水)~9日(月)
(最終日は午後5時閉場)

本館6階 美術特選画廊

ガラス讃華—憶— 白幡明展

花器『流』
径11×高さ24cm
540,000円

1964年東京都伊豆大島生まれ。日本工芸会正会員。文様を刻むだけではなく、削いで造形を創り上げる、ガラス素材を知り尽くした白幡氏ならではの表現が光ります。七色に輝くプリズムにこだわり、現代の感覚を取り入れた美しい新作の数々を発表いたします。

本館6階 美術特選画廊

成田禎介 油絵展

『白峰の湖畔』
8号(縦38×横45.5cm)
1,350,000円

1938年東京生まれ。故・楢原健三に師事。示現会理事長。風光明媚な土地の緻密な描写に定評があります。本展では、成田氏が実際に取材を通して描いた、国内外の風景や花、静物画など約30点を展覧いたします。

本館6階 美術特選画廊

津金日人夢 作陶展

『青瓷 香炉』
径11×高さ16.5cm
162,000円

1973年熊本県生まれ。1993年に有田窯業大学校修了後、熊本にて作陶を開始。青瓷の清々しくも深い青と津金氏の施すやわらかな釉調が、作品に品格を与えています。轆轤(ろくろ)成形にこだわり、過去の名品を手本としつつ、それらにとらわれない新しい表現を模索しています。壷や鉢、香炉、普段使いの食器など約80点を発表いたします。

ギャラリートーク
■7月7日(土)午後2時~
入場無料・事前予約不要

本館6階 美術サロン

小池壮太 油絵展

『静夜思十四夜』
縦45.5×横24.1cm
302,400円

1977年東京都生まれ。立命館大学卒業。大学在学中より、関西美術院にてデッサンを学び、穏やかで温かみのある静物画や風景画を描いています。本展では、新作約25点を展覧いたします。

7月11日(水)~16日(月・祝)
(最終日は午後5時閉場)

本館6階 美術特選画廊

土と炎に魅せられて 松崎健 陶展

『黄瀬戸茶盌』
径11.5×高さ7.5cm
378,000円

1950年東京都生まれ。1972年に玉川大学卒業後、故・島岡達三に師事。土と炎との格闘の中から生み出されたダイナミックな壷や花器のほか、厳選された志野、織部、黄瀬戸などの茶碗を約20点発表いたします。

本館6階 美術特選画廊

—麗しきエキゾチシズム— 町田博文 油絵展

『アンダルシアの街』
8号(縦45.5×横38cm)
432,000円

1953年茨城県生まれ。茨城大学卒業。光風会理事、日展評議員。欧州の風景の中に佇む女性像の描写に定評があります。本展では、取材を通して描かれたイタリア・ベニスの風景など、意欲旺盛な新作約40点を展覧いたします。

ギャラリートーク
■7月14日(土)午後2時~
入場無料・事前予約不要

本館6階 美術特選画廊

伝統の継承と新たな木彫の世界 木彫秀作展

神保琢磨『秋彩』
幅26×奥行23×高さ13.5cm
1,296,000円

近代の木彫史に名を残した巨匠、現代彫刻界の大家から俊英まで、仏像を含むあらゆる具象彫刻の秀作を一堂に展覧いたします。

本館6階 美術サロン

—inner voice— 松本貴子 油絵展

『甘い香り』
10号(縦53×横33.3cm)
432,000円

1989年東京都生まれ。女子美術大学卒業。白日会会員、日展会員。女性ならではの可憐さや気品を細やかに描く、注目の若手女流作家です。本展では、新作の人物画や花などの静物画、約20点を発表いたします。

7月11日(水)~17日(火)
(最終日は午後4時閉場)

本館6階 アートスクエア

—机上の美— 日本彫刻会俊英作家小品展

神戸峰男『草笛』
幅14×奥行14×高さ47.5cm
1,728,000円

日本彫刻会を発表の場として、ご活躍の先生方より選抜をしました約40名の意欲作を出品いたします。「机上の美」と題しまして、日常にある飾りやすい作品を一堂に展覧いたします。

ギャラリートーク
■7月14日(土)午後3時~
入場無料・事前予約不要

7月18日(水)~23日(月)
(最終日は午後5時閉場、催物会場は午後6時閉場)

新館7階 催物会場

—凛— 日本橋三越美術市 2018

題字:山口英紀

国内11のギャラリーと三越による7プロジェクトが出展するアートフェア(美術市)です。現代美術を中心に、幅広いジャンルのアート作品を一挙にご覧いただけます。各ギャラリーの個性が光る、アートフェアならではの展示をご堪能ください。

イベント
オープニングパーティのご案内
■7月18日(水)午後5時~6時30分
入場無料・事前予約不要
クロストーク「今、欲しいアート」
三越美術スタイリストと、ギャラリスト池内務氏(Röentgenwerke AG 代表)ほか、現代アートコレクター白木聡氏らが、三者の立場から「今、欲しいアート」をテーマにトークを行います。
■7月21日(土)午後4時~5時
入場無料・事前予約不要

6月26日(火)以降に下記をクリックしていただくと、デジタルカタログをご覧いただけます。
デジタルカタログ

本館6階 美術特選画廊

生命の美 葉山有樹展

『海青皇賜 memorybox』
幅10.7×奥行5.7×高さ5.2cm
648,000円

1961年佐賀県生まれ。染付と色絵の技法を究め、陶芸界に新風を吹き込む気鋭作家として注目を集めています。息をのむような美しい文様には、東洋と西洋の文化の融合をテーマにした壮大なストーリーが秘められています。国内外で作品を発表する、葉山氏の世界観をご堪能ください。

製作実演のご案内
■7月18日(水)~22日(日)
各日午後1時~午後4時
入場無料・事前予約不要

6月26日(火)以降に下記をクリックしていただくと、デジタルカタログをご覧いただけます。
デジタルカタログ

本館6階 美術特選画廊

薩摩切子作家 中根櫻龜(おうき)展 —水の記—

『切子大花器 水の惑星』
径25×高さ24cm
2,916,000円

兵庫県生まれ。流れるような曲線と色の濃淡を使い、優美な世界を作り出す中根氏。明治維新後に度重なる動乱を経て衰退した「薩摩切子」を、100年以上の時を経て復元することに成功しました。本展では、水のさまざまな情景を投影した、新しい薩摩切子の作品を展覧いたします。また、今年が明治維新から満150年にあたることにちなみ、特別企画として薩摩の情熱をイメージした「赤」と「黒」の作品も展覧いたします。

6月26日(火)以降に下記をクリックしていただくと、デジタルカタログをご覧いただけます。
デジタルカタログ

7月11日(水)午前10時30分以降に下記をクリックしていただくと、中根氏のインタビューをご覧いただけます。
中根櫻龜氏のインタビューはこちら

本館6階 美術サロン

大矢眞弓 日本画展 —たまゆら—

『夏の宵』
30号(90.1×65.2cm)
1,247,400円

1949年愛知県生まれ。京都市立芸術大学卒業。創画会会友。しっとりとした色遣いでモチーフの魅力を引き立たせる大矢氏。本展では長年描き続けている舞妓の作品をはじめ、四季折々の花など、儚いひと時の美しさを表現した新作約20点を展覧いたします。

7月18日(水)~31日(火)
(最終日は午後4時閉場)

本館6階 アートスクエア

仲間智登志木彫展

『土産を持って』
幅19×奥行13×高さ25cm
540,000円

1960年沖縄生まれ。北海道に渡り、独学で学んだ彫りの技術で、ほかにはない穏やかな作品を生み出します。梟やカエルなど、温かみある動物作品約20点を出品いたします。

7月25日(水)~30日(月)
(最終日は午後5時閉場)

本館6階 美術特選画廊

第10回 Nihonga・京

猪熊佳子『泉—神子池』
50号(縦90.9×横116.7cm)
1,944,000円

京都画壇を中心に活躍する作家たちが、長い歴史と伝統に立脚しながら、現代における新たな日本画の可能性を探るべく結集した新作展です。

本館6階 美術特選画廊

閔泳麒(ミン ヨンギ) 高麗茶碗展

『井戸茶碗』
径15×高さ7.8cm
432,000円

1947年韓国・慶南(キョンナム)生まれ。故・中里逢庵に師事し、現在は韓国慶南・山淸(サンチョン)郡にて作陶。日本橋三越本展で6度目の個展となる本展は、井戸茶碗を中心に、斗々屋(ととや)や粉引などの高麗茶碗を約60点展覧いたします。

本館6階 美術サロン

青木成実 油絵展 —光を求めて—

『光 ~軌跡の旅~』
20号(縦60.6×横72.7cm)
432,000円

1986年徳島県生まれ。鳴門教育大学大学院修了。国画会準会員。青い空や海を伸びやかな感性で描く、気鋭女流作家として人気が高い青木氏による新作展です。

  • 6月の展覧会情報
  • 7月の展覧会情報

※価格はすべて税(8%)込みです。
※パソコンのディスプレイ(モニタ)により、実際の作品の色と異なる場合がございますので、ご了承ください。
※作品につきましては、会期前のご予約も承っております。展覧会初日に掲載した作品が、既に成約の場合がございます。
恐れ入りますが、予めご了承ください。
※営業時間、展覧会内容、ギャラリートークの開催は状況により変更になる場合があります。

アドビ フラッシュプレイヤーをダウンロード(別ウィンドウが開きます) デジタルカタログをご覧いただくにあたって
デジタルカタログをご覧いただくためには、最新版のFlash Player(無償)が必要となります。
最新版のダウンロードはこちら(別ウィンドウが開きます)から。
ページトップへ