三越札幌三越

住所
060-0061 札幌市中央区南1条西3丁目8
電話番号
011-271-3311
現在位置
TOP> 札幌三越 三越ギャラリー

札幌三越 三越ギャラリー

ピックアップ

12月11日(火)~17日(月)※最終日、午後4時閉場<br>現代陶芸作家の現在(いま)II 大野香織・多賀井正夫・西村芳弘 三人展

12月11日(火)~17日(月)※最終日、午後4時閉場
現代陶芸作家の現在(いま)II 大野香織・多賀井正夫・西村芳弘 三人展

■本館9階 三越ギャラリーA
料理を盛る楽しみを作品にする作家・大野香織氏。造形や釉薬の美を追求している作家・多賀井正夫氏。陶人形で夢のような世界を表現する作家・西村芳弘氏。札幌三越初の三人展をぜひご高覧ください。

◎作品名:左:西村芳弘[月空望](幅36.7×奥行13×高さ37.5cm)、下:大野香織[銹黒ポット](幅16.5×奥行9.8×高さ10.0cm)、右:多賀井正夫[青瓷花入](幅12.5×奥行12.5高さ23.5cm)

12月11日(火)~17日(月)※最終日、午後4時閉場<br>ファンタジーアート&コレクションフェア

12月11日(火)~17日(月)※最終日、午後4時閉場
ファンタジーアート&コレクションフェア

■本館9階 三越ギャラリーB
ディズニーを愛するアーティストたちが独自の感性で描いた原画や版画作品をはじめ、撮影に使用されたセル画や、アメリカ洋食器ブランド「LENOX」(レノックス)の陶磁器製フィギュアなどを期間限定で展示・販売いたします。

◎作品名:William Silvers[Time to Celebrate]ジクレー(56.0×45.5cm)

12月18日(火)~24日(月・振替休日)※最終日、午後4時閉場<br>ミュシャ・シャガール・フジタ版画展 愛と信仰に生きた三人の画家

12月18日(火)~24日(月・振替休日)※最終日、午後4時閉場
ミュシャ・シャガール・フジタ版画展 愛と信仰に生きた三人の画家

■本館9階 三越ギャラリーAB
昨年日本で展覧された「スラブ叙事詩」で神への信仰と、スラブ民族への愛情をうたい上げ、大きな話題を呼んだアールヌーヴォーの巨匠アルフォンス・ミュシャ。ユダヤ人として戦争と迫害の20世紀を幻想的な画風で、愛と信仰をうたい上げたマルク・シャガール。日本人画家としてエコール・ド・パリの世界的な画家として、時代の寵児になり、晩年はフランスに帰化してキリストの洗礼を受けたレオナール・フジタ(藤田嗣治)。3人の巨匠を一堂に展覧いたします。

◎作品名:藤田嗣治[お針子娘]エッチング(33.0×24.0cm)1951年

12月25日(火)~31日(月)※最終日、午後3時閉場<br>2018年歳末アートフェスタ

12月25日(火)~31日(月)※最終日、午後3時閉場
2018年歳末アートフェスタ

■本館9階 三越ギャラリーAB
平成最後の年末年始を彩る人気作家の作品を一堂に展覧いたします。ウォーターフォールシリーズで人気の千住博氏の肉筆作品、水玉と網目模様で作品を構成する草間彌生氏の版画作品、富士山を大胆な構図で描く片岡球子氏の版画作品などを展覧いたします。併せて現代アートの人気作家作品を展覧いたします。

◎作品名:千住博[ウォーターフォール]日本画(8F)

ページトップへ